QA@IT

gitkxxxbase

レベル 10

サイト内ランキング 326

    ┗ 2位 (過去30日)

過去最高月間ランク 2

質問数 10件/回答数 1

投稿した質問の解決率 100% (6 / 6)

登録日 2014年9月5日

コメント
イントラネット内で、IPsecのグローバルIPの位置づけは?
2つめですが、確認ですが、IPSというとパケットの頭数十バイト程度を検査し、メールなどはワクチンソフトを適用するアプライアンスという事ですよね。そうしますと、「接続できた端末に何か不正アクセスを行なう物が仕掛けられている」または「悪意を持って端末を通常とは違う使い方をする」事に対抗するのは無理かと思います。
コメント
イントラネット内で、IPsecのグローバルIPの位置づけは?
1つめですが、いわゆる「エッジルータ」(今回はそれ(24-365インターネットに対して公開される為のルータ)を想定していました。)にはFWは付きものなので、それは付けるつもりでした。
コメント
イントラネット内で、IPsecのグローバルIPの位置づけは?
ご回答ありがとうございました。でも、どうも承服出来ない点も有ります。3つ有り、細切れで(コメント欄の文字制限で)、質問に質問を返すみたいな形になりますが、存念を言います。
質問 イントラネット内で、IPsecのグローバルIPの位置づけは?
編集
フォワードプロキシから大量アップロードの検知
質問 フォワードプロキシから大量アップロードの検知
コメント
Exchange Server 2013 SP1 のグローバルアドレス帳
後、USのMSのフォーラムへ行くなら兎も角、JPだと口喧嘩をするだけで終わると思います(サポート含む)。今回は仕事中に自分のスマホでExchangeサーバーに関する電子書籍(英語)を買い、読むことを黙認してもらい、何とか糸口を得ました。Exchangeサーバーでとくに機能逆引き情報は英語しか無いようです。
コメント
Exchange Server 2013 SP1 のグローバルアドレス帳
結局、★OWAを内部に使わせない為、新サーバーのFWで80と443をブロックしていた。★ABPで指定する各一覧をアクセスする仮想ディレクトリーは80と443だった。為、(OUTLOOKから見ると「グローバルアドレス一覧」である)OfflineAddressListを見られなかっただけでした。自分で解決済みを付けるのも何なので、このままにしたいと思います。
コメント
Exchange Server 2013 SP1 のグローバルアドレス帳
ABPを各メールボックスにくっつけ? ABPの内容は、既存のGet-GlobalAddressListや、Get-AddressListsの内容? マジ無い!
コメント
Exchange Server 2013 SP1 のグローバルアドレス帳
OABでないGALは、ADサーバーとOUTLOOKの直取引で、Exchangeサーバーはインストール時の設定の関与のみの様ですが、「直取引すべきADサーバーが何か」OUTLOOKに伝える設定がどこなのか、ASDI EDITORを見ても項目が膨大で困ります。トランスポートでは無いようですが。。。
コメント
Exchange Server 2013 SP1 のグローバルアドレス帳
旧から新に社内メールを出せなかったのは、3つの受信コネクタ〔(1)外からの送受信、ポート25。(2)内部の送受信、2007は25、2013は2525。(3)Outlookの送受信、セキュアっぽいポート。受信コネクタと言いながら送信にも関与。〕の内、(1)を旧のまねをして本当に外につないでしまっていたせいで、新の(1)受信コネクタは旧サーバーにつながないとだめという事でした。
質問 Exchange Server 2013 SP1 のグローバルアドレス帳
コメント
Webメールのリバースプロキシ用クライアント証明書
これだと思います。本当にありがとうございました。しかしそれにしても、デフォルトのopenssl.cnfは何年も前から(Mozilla全盛の頃から)全く変わってないという事でちょっと意外でした。
解決 Webメールのリバースプロキシ用クライアント証明書
コメント
Webメールのリバースプロキシ用クライアント証明書
いままで(売り止めの)クライアント証明書作成ツールを使っていたのですが、そこではクライアント証明書のcommon nameは何でも良かったので、サーバ証明書(common nameはサーバ名)で兼用しようとしたのです。でもだめでした。そこは理解しました。そこで、-extensionに差分を付けたいのでサーバ証明書とクライアント証明書の差分はなにか知りたかったのです。
質問 Webメールのリバースプロキシ用クライアント証明書
解決 スナップショット分離レベルは“結構特殊”??
コメント
スナップショット分離レベルは“結構特殊”??
いらない子の件は自分の半可通のせいでした。この件は完全に理解したつもりです。後、スナップショット分離の件ですが、今修正しているツールでDBコネクションを所有しているクラスに、ReadCommitedとSnapshotIsolationを選択するメソッドを追加するよう提案したいと思います。(今は前者固定。ALLOWなんちゃらONは既に有り。)
コメント
スナップショット分離レベルは“結構特殊”??
tempdbは杞憂では無いでしょうか?それに2014Ent.ならtempdbに置く行バージョン情報をメモリdbにキャッシュするやり方も出来たでしょうし。(自分が使っているのは2014Std.なので試せませんが。)
コメント
スナップショット分離レベルは“結構特殊”??
flied_onionさんの3つのコメントの、1つめと2つめ+3つめですが、1つめはその通りです。2つめ+3つめですが、「特殊」とは、「技術的議論においてCOBOLや(部分的にも成功していませんが)PHPの様な、サムダウンの対象」「使ってはひんしゅくを買う対象」と思いました。コストが馬鹿高く無いなら理にかなったやり方の1つだと思います。
質問 スナップショット分離レベルは“結構特殊”??
コメント
スナップショット分離レベルは“結構特殊”?
すいませんでした。半可通でした。でも、この文書だけだと、素人考えでそう考えてもおかしくないと思いますが。。。
コメント
スナップショット分離レベルは“結構特殊”?
「トランザクションシーケンス番号に基づいて一貫したスナップショットが使用」だとすると、READ_COMMITTED_SNAPSHOTオプションをONのみの機能を逸脱しています。1ステートメントの内部的には、スナップショット分離(シリアライザブル)に自動的に昇格するという事でしょうか?
解決 スナップショット分離レベルは“結構特殊”?
コメント
スナップショット分離レベルは“結構特殊”?
有り難うございました。本当に本当に助かりました。 しかしそうすると、1ステートメントの内部的には、スナップショット分離(シリアライザブル)に自動的に昇格するという事でしょうか? 1ステートメントと言っても、同じテーブルを1なめで終わらないJOINを含むSQL文だって有るでしょうし。