QA@IT

クラス内のCALLBACK関数の呼び出し処理について

1212 PV

ウィンドウハンドルに対する操作関連をまとめた、
自作クラスを作成しています。

以下コードの★★の箇所で以下のコンパイルエラーとなります。

error C3867: 'AutoOperation::EnumChildProc': 関数呼び出しには引数リストがありません。

メンバーへのポインターを作成するために '&AutoOperation::EnumChildProc' を使用してください

public ref class AutoOperation{

strc_window^ main_window;//strc_windowは自作の構造体です
List<strc_window^>^ child_window_list;

AutoOperation(){
    **this->main_windowに親ウィンド情報を代入する処理**
    child_window_get();

}

BOOL CALLBACK EnumChildProc(HWND hw, LPARAM lParam ){
    return true;
}

void child_window_get(){
    this->child_window_list = gcnew List<strc_window^>;
    long ans = EnumChildWindows( this->main_window->hw, EnumChildProc, NULL );//★★
}

};

エラー表記通り「&AutoOperation::EnumChildProc」に変えると、

今度は以下のコンパイルエラーとなります。

error C3374: delegate インスタンスを作成する場合以外に、'AutoOperation::EnumChildProc' のアドレスを指定できません

やりたい事はクラス内でCALLBACK関数の呼び出し処理EnumChildWindowsを完結させたいのです。

解決策をご教授下さい。

  • マルチポストは止めましょう -
ウォッチ

この質問への回答やコメントをメールでお知らせします。