QA@IT

プロ意識を持ち続ける秘訣教えてください

2257 PV

システム会社でプログラマをやっています。
プロ意識を持ち続ける秘訣教えてください。
せっかくモチベーションが上がってきたところで
プログラマを否定する発言をされると心が折れそうです。
よくある話ですがそういう人が割とIT業界に多い感じがします。
プロジェクトを成功させたいのかさせたくないのかその発言をする人の真意はよくわかりません。

システムを利用する人のためと、自分の成長のためと、言い聞かせて臨んでいます。
プロ意識を持ち続ける秘訣があれば教えてください。

または、プログラマや技術的な話に理解のない人に、分かってもらう秘訣もお願いできればと。

回答

プログラマはインターネット上でもブラックの代名詞と思われているし、仕方が無いのでは?あなたがその肩書きに誇りを持っているのであれば周囲にその態度を示すできであるし、他の職業の人でも不名誉な事は言われるものですよ。
 日本語ってそうゆう言語ですからね、チュース。

編集 履歴 (0)

「プログラマ」の定義にもよると思いますが…

詳細設計やメソッドやインターフェイスなどの実装部分まで指示されていて、後はソースコードを組むだけという、いわゆる「コーダー」の作業については、格別高いスキルが求められるものではないというのが私の認識です。よって、そこでプロ意識を問われたとしても、精々が「コーディング規約を守ること」「タイピング速度を上げること」というレベルにとどまってしまいます。「仕事をきっちり行うこと」と汎化してもいいですが、それは当たり前すぎますからね。

そうではなく、例えば仕様書や概要書のレベルのものしか渡されておらず、そこから実装技術を取捨選択し、分析設計し、場合によっては要件定義の段階まで物申すことが求められるぐらいの、いわゆるSEに属することも必要な作業であれば、個人のスキルが多分に反映される領域ですから、いくらでも腕の違いが具現化できるはずです。

よくある話ですがそういう人が割とIT業界に多い感じがします。

何社ぐらい経験されてのご認識なのでしょうか。少なくとも私の知っている範囲では、そのようなことは「よくある話」としては聞こえてこないのですが。

プロ意識を持ち続ける秘訣があれば教えてください。

目下の仕事が漠然とした単純作業であっても、あるいは鬱陶しい火消し作業であっても、その経験は自分の中でのソリューションとして蓄積できるという意味では同等です。面倒な案件であれ、周りに理解しない人がいる環境であれ、それも数年後にはモデルケースとして活かせることがあると思います(レアケースかもしれませんが)。ただし、延々と同じような作業ばかりをするポジションであれば、その意味も薄れてきます。

または、プログラマや技術的な話に理解のない人に、分かってもらう秘訣もお願いできればと。

これは非常に難しいですね。ただ、1つ言えるのは、誰でも理解できるような技術であれば、それは単なる知識や常識のレベルであって、仕事としては誰も求められないかもしれません。むしろ一部の人しか理解できないからこそ、技術としての価値がありますし、磨く意義もあるのだと私は思います。

編集 履歴 (0)
ウォッチ

この質問への回答やコメントをメールでお知らせします。