QA@IT

【拝承】と【承認】の違い

4304 PV

【拝承】と【承認】の違い教えてください。

【拝承】と言ったが【承認】したとは言っていないと、言われ困っています。

回答

日立用語の「拝承」だとすると厳密に言えば以下な感じ?
「拝承」:「あなたの言ったことは聞いたよ(言った通りにしていいかどうかは言及しない)」
「承認」:「自分の責任において、あなたの言ったとおりにしてよい」

ただ、日立用語的には、「拝承」は「承認」と同じ意味で、短く言ったに過ぎないぐらいなはずなのですが。
「認めていない」ってことは、本来なら「拝承」と書いた文書に、認めない部分について反論してしかるべきです。

なので、相手には、「拝承」の時点でどこが承認されていないのか、なぜ記述されないかを
とっかかりにして妥協点を探るぐらいですかね。。。

編集 履歴 (0)

一般論として、言った言わないを避けるために、契約は必ず書面で交わすべきです。
個人的には、拝承、承認、了承、了解、諒解、…の意味は、同じ意味に受け取られることも充分あるだろうと思います。

編集 履歴 (0)
ウォッチ

この質問への回答やコメントをメールでお知らせします。