QA@IT
«回答へ戻る

回答を投稿

サーバ側はまだSTARTTLSには対応していないという前提で考えます。で、いいんですよね?

ところが、この段階のテストで「メールの送信前にエラーが発生しました: 送信 (SMTP) サーバ mail.example.com が STARTTLS をサポートしていないため、保護された接続を確立できませんでした」と表示されます。(中略)メーラーのThunderbirdアカウント登録で、STARTTLSを指定したり、無しにしても解決しません。

Thunderbirdアカウント設定で「接続の保護」を「なし」にした場合は、普通ならそのエラーは出なくなるはずと思います。ただThunderbirdのアカウント設定で「接続の保護」は1つのアカウントにつき2箇所あるので、設定箇所に注意が必要かと思います。

  • 個々のアカウント毎の「サーバ設定」の場所にある「接続の保護」: 受信サーバとの接続の保護
  • 「送信(SMTP)サーバの設定」の場所にある「接続の保護」: 送信サーバとの接続の保護

送信サーバとの「接続の保護」が「なし」になっているかを確認してみて下さい。後者が「STARTTLS」になっていて、サーバ側がSTARTTLSに対応していないなら、そのエラーが出ます。

あと原因がはっきりしない場合はThunderbirdのSMTPログを取得した方がよいと思います。そうすれば切り分けができます。

サーバ側はまだSTARTTLSには対応していないという前提で考えます。で、いいんですよね?

> ところが、この段階のテストで「メールの送信前にエラーが発生しました: 送信 (SMTP) サーバ mail.example.com が STARTTLS をサポートしていないため、保護された接続を確立できませんでした」と表示されます。(中略)メーラーのThunderbirdアカウント登録で、STARTTLSを指定したり、無しにしても解決しません。

Thunderbirdアカウント設定で「接続の保護」を**「なし」**にした場合は、普通ならそのエラーは出なくなるはずと思います。ただThunderbirdのアカウント設定で「接続の保護」は1つのアカウントにつき2箇所あるので、設定箇所に注意が必要かと思います。

- 個々のアカウント毎の「サーバ設定」の場所にある「接続の保護」: 受信サーバとの接続の保護
- 「送信(SMTP)サーバの設定」の場所にある「接続の保護」: 送信サーバとの接続の保護

送信サーバとの「接続の保護」が**「なし」**になっているかを確認してみて下さい。後者が**「STARTTLS」**になっていて、サーバ側がSTARTTLSに対応していないなら、そのエラーが出ます。

あと原因がはっきりしない場合はThunderbirdのSMTPログを取得した方がよいと思います。そうすれば切り分けができます。