QA@IT
«回答へ戻る

回答を投稿

IIS上でWCFを動かしたことがないならまずはもっとシンプルなチュートリアルなど参照して試してみた方がいいかもしれませんね。

とりあえず気になったのは

スクリプトの以下の部分。

error: function (xhr, status, err) {
     alert('Exeption:');

} 

エラー情報を握りつぶしています。エラーの内容を確認した方がいいでしょう。
ステータスコードだけでも助けになることがあります。

IISに配置すると「Exeption」ということで失敗してしまいます。

これはあなたがそういうalertを出しているだけですよね。
status, err などわかりやすい引数名ですのできちんと拾って Console.log(err)とかで確認しましょう。

もう一点は以下の部分で

http://localhost/TEST/TESTWCF.SVC では「エンドポイントが見つかりません」とブラウザに表示されます。

スクリプトでは

url: '/TestWCF.svc/fnVerifyID', // ポスト先のURL  // <= これも ポストではなくゲット(type: 'GET')ですね。
type: 'GET',

/TestWCF.svc/fnVerifyID に対するGetリクエストをしているのですから

http://localhost/TEST/TestWCF.svc/fnVerifyID

を見てみるべきなのでは?
例えば aspxファイルの時、自分で配置していないaspxファイルを指定しても確認にならないですよね?

POSTの場合はPOSTしないといけませんが、今回はGETなので試してみる価値はあるかと思います。

IIS上でWCFを動かしたことがないならまずはもっとシンプルなチュートリアルなど参照して試してみた方がいいかもしれませんね。

とりあえず気になったのは

スクリプトの以下の部分。

```js
error: function (xhr, status, err) {
     alert('Exeption:');

} 
```

エラー情報を握りつぶしています。エラーの内容を確認した方がいいでしょう。
ステータスコードだけでも助けになることがあります。

> IISに配置すると「Exeption」ということで失敗してしまいます。

これはあなたがそういうalertを出しているだけですよね。
`status`, `err` などわかりやすい引数名ですのできちんと拾って `Console.log(err)`とかで確認しましょう。




もう一点は以下の部分で

> `http://localhost/TEST/TESTWCF.SVC` では「エンドポイントが見つかりません」とブラウザに表示されます。

スクリプトでは

```js
url: '/TestWCF.svc/fnVerifyID', // ポスト先のURL  // <= これも ポストではなくゲット(type: 'GET')ですね。
type: 'GET',
```

と `/TestWCF.svc/fnVerifyID` に対するGetリクエストをしているのですから

`http://localhost/TEST/TestWCF.svc/fnVerifyID`

を見てみるべきなのでは?
例えば aspxファイルの時、自分で配置していないaspxファイルを指定しても確認にならないですよね?

POSTの場合はPOSTしないといけませんが、今回はGETなので試してみる価値はあるかと思います。