QA@IT

nginxインストール(ソース)

3583 PV

nginxをインストールしていますが、公式ページにいくと英語でオプションの項目に
「configure argument to disable」と記載がありますが
nginxの場合、configureオプションにモジュールオプションを追加してインストールすると
そのモジュールが無効になるということなのでしょうか。

御手数ですが教えて頂けませんでしょうか。

  • どのページのことなのかURL等を記載した方が回答をもらいやすいと思いますよ。 -

回答

どこのページか詳細が不明なので、求めていらっしゃる回答じゃないかもしれませんが、「configure argument to disable」と明記されているカテゴリのモジュールは、configureで明示的に無効にされない限り、自動的にコンパイルされます。このモジュールはオプションではなく、標準のHTTPモジュールです。
(Core や Gzip などのモジュールが該当します)

また、これとは別にオプションのモジュールというものが存在し、こちらはconfigureにオプションを指定することで、コンパイル時に有効にする必要があります。
(GeoIP や WebDAV などのモジュールが該当します)

http://wiki.nginx.org/ModulesJa

※追記
configure--helpを付与すると、次のようにモジュールの組み込みに関するオプションなどが表示されるので、色々試してみてはいかがでしょうか。

# tar zxf nginx-1.9.1.tar.gz && cd nginx-1.9.1
# ./configure --help

  --help                             print this message

省略

  --with-http_flv_module             enable ngx_http_flv_module
  --with-http_mp4_module             enable ngx_http_mp4_module
  --with-http_gunzip_module          enable ngx_http_gunzip_module
  --with-http_gzip_static_module     enable ngx_http_gzip_static_module
  --with-http_auth_request_module    enable ngx_http_auth_request_module
  --with-http_random_index_module    enable ngx_http_random_index_module
  --with-http_secure_link_module     enable ngx_http_secure_link_module
  --with-http_degradation_module     enable ngx_http_degradation_module
  --with-http_stub_status_module     enable ngx_http_stub_status_module

省略

  --without-http_charset_module      disable ngx_http_charset_module
  --without-http_gzip_module         disable ngx_http_gzip_module
  --without-http_ssi_module          disable ngx_http_ssi_module
  --without-http_userid_module       disable ngx_http_userid_module
  --without-http_access_module       disable ngx_http_access_module
  --without-http_auth_basic_module   disable ngx_http_auth_basic_module

省略

  --with-openssl=DIR                 set path to OpenSSL library sources
  --with-openssl-opt=OPTIONS         set additional build options for OpenSSL

  --with-debug                       enable debug logging

ちなみに CentOS 7 へyumでインストールした場合はこんなオプションが指定されているようです。

# nginx -V
nginx version: nginx/1.6.3
built by gcc 4.8.3 20140911 (Red Hat 4.8.3-9) (GCC)
TLS SNI support enabled
configure arguments: --prefix=/usr/share/nginx --sbin-path=/usr/sbin/nginx --conf-path=/etc/nginx/nginx.conf --error-log-path=/var/log/nginx/error.log --http-log-path=/var/log/nginx/access.log --http-client-body-temp-path=/var/lib/nginx/tmp/client_body --http-proxy-temp-path=/var/lib/nginx/tmp/proxy --http-fastcgi-temp-path=/var/lib/nginx/tmp/fastcgi --http-uwsgi-temp-path=/var/lib/nginx/tmp/uwsgi --http-scgi-temp-path=/var/lib/nginx/tmp/scgi --pid-path=/run/nginx.pid --lock-path=/run/lock/subsys/nginx --user=nginx --group=nginx --with-file-aio --with-ipv6 --with-http_ssl_module --with-http_spdy_module --with-http_realip_module --with-http_addition_module --with-http_xslt_module --with-http_image_filter_module --with-http_geoip_module --with-http_sub_module --with-http_dav_module --with-http_flv_module --with-http_mp4_module --with-http_gunzip_module --with-http_gzip_static_module --with-http_random_index_module --with-http_secure_link_module --with-http_degradation_module --with-http_stub_status_module --with-http_perl_module --with-mail --with-mail_ssl_module --with-pcre --with-google_perftools_module --with-debug --with-cc-opt='-O2 -g -pipe -Wall -Wp,-D_FORTIFY_SOURCE=2 -fexceptions -fstack-protector-strong --param=ssp-buffer-size=4 -grecord-gcc-switches -specs=/usr/lib/rpm/redhat/redhat-hardened-cc1 -m64 -mtune=generic' --with-ld-opt='-Wl,-z,relro -specs=/usr/lib/rpm/redhat/redhat-hardened-ld -Wl,-E'
編集 履歴 (3)
  • サードパーティのモジュールというものも存在しますが、ここでは割愛させて頂きます。 -
  • SinoPen様
    ご連絡頂いたサイトを確認し今回ご質問しました。
    少し理解しました。
    「標準のHTTPモジュール」については標準で入るモジュールで
    こちらサイトに記載のオプションを追加してconfigureすると無効になる認識でしょうか。
    「オプションのHTTPモジュール」についてはconfigureで指定が必要との事で承知しました。
    -
  • お手数ですがご確認の程お願い致します。 -
  • 失礼ですが、ご自身でコンパイルする環境等があるようなので、実際に試してみてはどうでしょうか。 -
ウォッチ

この質問への回答やコメントをメールでお知らせします。