QA@IT

postfixの出口側の送信流量制御について

7650 PV

初めて投稿します。
お手柔らかにお願いします。postfixも最近勉強し始めました。
今postfixでmtaをCentOS6.6の二台たてています。
メールリレーで受けたメールを出ていくさいに流量制御したいです。
方法は何でも構いません。出来ればpostfixで制御できるとありがたいです。
Master.cfでドメイン単位で絞っても構いません。

■やりたいこと
Postfixの出ていく側の流量を制御したい。
メールはqにためてlostさせない。
Postfixのバージョン出来れば2.6.6

教えていただければ幸いです。
以上です。よろしくお願いいたします。


追記
例:
[syslogをメールで飛ばす機器]⇒(MLを含むメール1000通/min)⇒[Postfix's MTA]→(出数100通)→[Exchange online]
上記のようなことをpostfixでドメインまたは全量制御したいです。
環境はCentOS6.6 x86_x64 postfix2.6.6
必要であればpostfix3.0.1にあげることも可能です。

背景
syslog通知やエラー通知などで使用する。
syslogのためかなりの頻度でメールが飛び、トラフィックが逼迫し、
ネットワーク機器に障害を与える可能性があるため
postfixでの制御ができないかと今回質問をさせていただきました。

  • 色々と調べてみましたが/etc/postfix/main.cfに
    以下の数値を任意の設定値に変更すればできると思われます。

    # 単位時間は記述しなければデフォルトが60s
    anvil_rate_time_unit = 60s
    # 単位時間あたりの送信数を 100 通に制限
    smtpd_client_message_rate_limit = 100
    -
  • お調べいただきありがとうございます。
    "smtpd_client_message_rate_limit"のパラメーターはメールリレーで受けるメールを制御するパラメータとなっています。
    残念ながら申し訳ないですが、今回それではやりたいことに当てはまらないです。
    -

回答

質問から日がたってしまっているので、既に自己解決されているかもしれませんが・・・
(もし解決されているようでしたら、ぜひ回答を残して頂けると幸いです)

athena さんの postfix で「受けたメールを流す」とはどのような流れを指すのでしょうか?
SMTP の流量制御であれば araikentarou さんからのコメントに記載されている内容で可能です。
また、もしかしたら下記の「同時配送数のチューニング」や「過剰に接続するクライアントに対する測定」が該当するかもしれません。

[ご参考:Postfixパフォーマンスチューニング]
http://www.postfix-jp.info/trans-2.3/jhtml/TUNING_README.html

こちらで当てはまらないということであれば、もう少し環境を掘り下げてご記載頂くと、ご希望に沿った回答が得られると思いますよ。

編集 履歴 (0)
  • 回答ありがとうございます.
    まだこの議題は解決していません。
    背景や例などを追記しましたのでご教授いただければと思います。

    「受けたメールを流す」=postifixっでメールリレーすることです。
    申し訳ないですが、ご教授いただいた内容で検証ですでに実施済みで
    今回の需要を満たすことができませんでした。

    -
  • なるほど、受信ではなく送信メールの制御なのですね。
    例の通り、Syslogをメールで飛ばしているのなら、そちらを絞る方がお手軽なような気がします。
    ともあれ、ご紹介したURLをご覧頂いていて、ご自身で検証済みということですか?
    -
  • 返信遅くなりすみません。
    はい。送信メールの制御です。ネットワーク機器で帯域制御が無難というところでしょうか。ご紹介いただいたURLは検証済みです。ありがとうございます。
    -
ウォッチ

この質問への回答やコメントをメールでお知らせします。