QA@IT

VB.Netで作成したDLLをVC++で使用した場合のOptionalの省略方法

2212 PV

いつもお世話になっております。

現在VC++にてVB.NETで作成したDLLを使って開発をしています。
通常のメソッドであれば問題なく使用できているのですが、
Optionalで省略可能にしているメソッドがC++側では省略すると引数のエラーとなってしまいます。

いったんVC++側でオーバーロードしてしまえば省略可能にできるのですが、
可能であればそのままの状態で使いたいのが希望です。
なにか方法があれば教ください。

開発環境は Windows7(32bit)、VisulStudio2013 になります。

よろしくお願いします。

ウォッチ

この質問への回答やコメントをメールでお知らせします。