QA@IT

プラットフォームとフレームワークの違いについて

9719 PV

フレームワークとはアプリケーションの雛型として認識していますが、具体的にどのようなものを指すのかがわかっていません。
以下の記事を参考にしましたがよくわからなかったので、特にプラットフォームとフレームワークそれぞれどんなものがあるのか具体例が知りたいです。
http://temping-amagramer.blogspot.jp/2008/03/it.html

例えば自分の聞いたことがあるEclipseは
”Eclipse は Java ベースの拡張可能なオープン・ソースの開発プラットフォームです。
Eclipse そのものは、プラグイン・コンポーネントからアプリケーションを作成するための単純なフレームワークと一連のサービスです。”

以上のように説明されていますが、結局プラットフォームなのかフレームワークなのかがわかりません。

解説をお願いします。

回答

プラットフォームとは、アプリケーションの実行環境のことです。
昔のゲーム機(ファミコンとか)は、ハードウエアそのものがプラットフォームでした。
最近だと、プラットフォームといえば多くの場合OSを指します。
Eclipseは、デバッガ上でアプリケーションを実行するので、プラットフォームと呼ぶことができます。

フレームワークとは、アプリケーションを開発する際に再利用するもののことです。
アプリケーションの開発は、要件定義->設計->実装->テスト->導入、のような工程で進めます。
このとき、設計の手間をある程度省くために再利用するもののことを「パターン」。実装の手間をある程度省くために再利用するもののことを「ライブラリ」などと呼びます。
そして、設計から実装にまたがって再利用するもののことを「フレームワーク」と呼びます。
フレームワークがアプリケーションの雛形になるかどうかは、フレームワークの内容にもよると思います。

編集 履歴 (0)
ウォッチ

この質問への回答やコメントをメールでお知らせします。