QA@IT
«回答へ戻る

回答を投稿

プラットフォームとは、アプリケーションの実行環境のことです。
昔のゲーム機(ファミコンとか)は、ハードウエアそのものがプラットフォームでした。
最近だと、プラットフォームといえば多くの場合OSを指します。
Eclipseは、デバッガ上でアプリケーションを実行するので、プラットフォームと呼ぶことができます。

フレームワークとは、アプリケーションを開発する際に再利用するもののことです。
アプリケーションの開発は、要件定義->設計->実装->テスト->導入、のような工程で進めます。
このとき、設計の手間をある程度省くために再利用するもののことを「パターン」。実装の手間をある程度省くために再利用するもののことを「ライブラリ」などと呼びます。
そして、設計から実装にまたがって再利用するもののことを「フレームワーク」と呼びます。
フレームワークがアプリケーションの雛形になるかどうかは、フレームワークの内容にもよると思います。

プラットフォームとは、アプリケーションの実行環境のことです。
昔のゲーム機(ファミコンとか)は、ハードウエアそのものがプラットフォームでした。
最近だと、プラットフォームといえば多くの場合OSを指します。
Eclipseは、デバッガ上でアプリケーションを実行するので、プラットフォームと呼ぶことができます。

フレームワークとは、アプリケーションを開発する際に再利用するもののことです。
アプリケーションの開発は、要件定義->設計->実装->テスト->導入、のような工程で進めます。
このとき、設計の手間をある程度省くために再利用するもののことを「パターン」。実装の手間をある程度省くために再利用するもののことを「ライブラリ」などと呼びます。
そして、設計から実装にまたがって再利用するもののことを「フレームワーク」と呼びます。
フレームワークがアプリケーションの雛形になるかどうかは、フレームワークの内容にもよると思います。