QA@IT
«回答へ戻る

回答を投稿

ちなみに、考え方としては、32ビット優先はその名の通り、x86とx64どっちか選択可能な状況なら32ビットモードを優先して選択して動かし、選択の余地がない状況ではそのまま何でも動くというイメージになります。
例えば64ビットで起動したプロセスから32ビット優先のexeは64ビットモードでロードできますが、x86指定のexeはロードできません。
ARMの場合も同様で、x86もx64も選択できない環境なので、そのままARMで動作します。
ということで、すでに書かれてますが、あくまでx86で動かす前提にするのであれば、意味的にはx86を指定するのが良いだろうと思われます。

ちなみに、考え方としては、32ビット優先はその名の通り、x86とx64どっちか選択可能な状況なら32ビットモードを優先して選択して動かし、選択の余地がない状況ではそのまま何でも動くというイメージになります。
例えば64ビットで起動したプロセスから32ビット優先のexeは64ビットモードでロードできますが、x86指定のexeはロードできません。
ARMの場合も同様で、x86もx64も選択できない環境なので、そのままARMで動作します。
ということで、すでに書かれてますが、あくまでx86で動かす前提にするのであれば、意味的にはx86を指定するのが良いだろうと思われます。