QA@IT

私は歯科技工士なのですが歯科用の口腔内カメ

1266 PV

私は歯科技工士なのですが歯科用口腔内カメラがほしいと考えてます。ですが高額で手がでません。今現在、ニコンのD3000を所有しています。レンズとフラッシュにも詳しくないので、できるだけ安くできる方法と
撮影方法やレンズなどくわしく教えていただけたらありがたいです。

D3000にこだわらないなら大きさはともかく被写界深度が深くて鮮明に写しやすいこんなタイプが良いのでは。
D3000を使いたいならマクロレンズとリングストロボの組み合わせが良いですね。
マクロレンズは
シグマMACRO 50mmF2.8 EX DG (ニコン AF)(2万半ば)
シグマMACRO 70mm F2.8 EX DG (ニコン用)(4万チョット)
TAMRON SP AF60mm F/2 Di II LD [IF] MACRO 1:1 (Model G005NII) (ニコン用)(4万チョット)
ニコンAF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED(5万半ば)
などが使いやすそうです。

リングストロボは
サンパックauto 16R pro(3万ほど、マニュアル調光)
シグマELECTRONIC FLASH MACRO EM-140 DG ニコン用(4万弱、TTL調光)
ニコン クローズアップスピードライトコマンダーキットR1C1(6万半ば)
などが有りますね。
口腔内撮影は条件が決まってるのでマニュアル発光でも最初に設定値を決めてしまえば調整する部分は少ないのでサンパックのマニュアルフラッシュでも充分だとは思いますが心配ならシグマのTTL調光できるタイプでも良いですね。
ニコンの純正はTTLに対応してますがちょっとした調整でも設定項目が多く複雑なので初心者の方にはちょっと荷が重いかも。

マクロ撮影の場合、AFレンズで有ってもピント合わせに迷ったり安定しない場合が有るのでMFで撮る方が無難です。
口腔内全体を写すなら前歯から奥歯の真ん中より少し前辺りにピントを合わすと良いです。
カメラ側の設定はフラッシュを使う前提でもISO400~800、絞り優先モードでF値を16以上(全体にピントが合うまで高くします、よく言われる回析の影響はほとんど出ないので最大絞りでも可)にしてみてください。(超音波クリーナー)
最大絞りでも全面にピントが来ない時は少し離れて撮影しパソコンで見るときに拡大してください。
フラッシュの光が強すぎると反射光が強くなりすぎて見辛い写真になるので様子を見ながら調光補正でマイナス目にした方が良いです。
(その為にもカメラのISO感度は高めの方がぶれにくくなるので安心です)

機材はともかく、一眼レフでの撮影はカメラ任せでは充分な性能が生かせないので最低限、絞りやシャッタースピード、ISO感度の関係と今回はストロボの調光補正の仕方と影響の出方くらいは知って使いこなせないと満足に行く写真は撮り難いですよ。
カメラ任せのオートでまぐれで撮れるかも知れませんが安定的に使える写真を撮る為にも基礎的な事は勉強する方が良いですね。
そうすればカメラの性能も使いこなせますし仕事以外でも写真を撮るのが楽しくなりますから。

ウォッチ

この質問への回答やコメントをメールでお知らせします。