QA@IT
«回答へ戻る

回答を投稿

ご配慮・ご確認ありがとうございます。
コメント欄の文字数制限のため表記が曖昧となりました。恐縮です。
ご理解のとおりで結構です。

全クライアントPC共通で下記設定を行っています(WinXPでの設定内容)。
・[コントロールパネル]-[ネットワーク接続]-[ローカルエリア接続]-[プロパティ]-[全般]タブ-[インターネットプロトコル(TCP/IP)]-[プロパティ]-[全般]タブにて
 [次のIPアドレスを使う]にチェックオン
  IPアドレス      :ISPよりリースのグローバルIP(ルータ・サーバ以外のグローバルIP)
  サブイネットマスク  :ISP指定値(8IPリースのため/29)
  デフォルトゲートウェイ:ルータのIPアドレス(ISP指定)
 [次のDNSサーバのアドレスを使う]にチェックオン
  優先DNSサーバ:自サーバのIPアドレス(ISP指定、Domain Controller兼用サーバ)
  代替DNSサーバ:ISPのIPアドレス(ISP指定)
・[コントロールパネル]-[システム]-[コンピュータ名]タブ-[変更]ボタンの[次のメンバ]にて
 [ドメイン]にチェックオン
  ドメイン名:aaaaa.co.jp

自サーバ自体が1台のため、Domain Controller・DNS Server・Web Server・Mail Serverすべてが兼用です。
クライアントPCでは、ドメインアカウント(ex. xxx)にてドメイン(aaaaa.co.jp)に参加しサーバHDDの共有エリアのシェアや同アカウント(xxx@aaaaa.co.jp)でのメール送受信を行っています。
対外的には、www.aaaaa.co.jpでWebサービスを行っています。

以上で回答になっておりますでしょうか?

DNS管理コンソールでの「Aレコードに加える」方法ご教授ありがとうございます。
同様のナレッジはいくつか見ていたのですが、既存の前方参照ゾーン(ex. olympus.kojii.local.)を指定し新しいホスト(ex. foo)を追加することで完全修飾ドメイン名(FQDN)が新しいホスト名.既存の前方参照ゾーン名(ex. foo.olympus.kojii.local.)となる例でした。
現行DNSサーバ構築時に、この操作にありますようにaaaaa.co.jpを指定しzzzという新しいホストを追加していますが、これにより完全修飾ドメイン名はzzz.aaaaa.co.jpとなり、http://zzz.aaaaa.co.jpでWebアクセスされます。
このため、この操作によりaaaaa.jpをAレコードに加えることで、http://www.aaaaa.jp・xxx@aaaaa.jpという運用が可能か懸念しているところです。

お手数お掛け致しますが宜しくお願い致します。

ご配慮・ご確認ありがとうございます。
コメント欄の文字数制限のため表記が曖昧となりました。恐縮です。
ご理解のとおりで結構です。

全クライアントPC共通で下記設定を行っています(WinXPでの設定内容)。
・[コントロールパネル]-[ネットワーク接続]-[ローカルエリア接続]-[プロパティ]-[全般]タブ-[インターネットプロトコル(TCP/IP)]-[プロパティ]-[全般]タブにて
 [次のIPアドレスを使う]にチェックオン
  IPアドレス      :ISPよりリースのグローバルIP(ルータ・サーバ以外のグローバルIP)
  サブイネットマスク  :ISP指定値(8IPリースのため/29)
  デフォルトゲートウェイ:ルータのIPアドレス(ISP指定)
 [次のDNSサーバのアドレスを使う]にチェックオン
  優先DNSサーバ:自サーバのIPアドレス(ISP指定、Domain Controller兼用サーバ)
  代替DNSサーバ:ISPのIPアドレス(ISP指定)
・[コントロールパネル]-[システム]-[コンピュータ名]タブ-[変更]ボタンの[次のメンバ]にて
 [ドメイン]にチェックオン
  ドメイン名:aaaaa.co.jp

自サーバ自体が1台のため、Domain Controller・DNS Server・Web Server・Mail Serverすべてが兼用です。
クライアントPCでは、ドメインアカウント(ex. xxx)にてドメイン(aaaaa.co.jp)に参加しサーバHDDの共有エリアのシェアや同アカウント(xxx@aaaaa.co.jp)でのメール送受信を行っています。
対外的には、www.aaaaa.co.jpでWebサービスを行っています。

以上で回答になっておりますでしょうか?


DNS管理コンソールでの「Aレコードに加える」方法ご教授ありがとうございます。
同様のナレッジはいくつか見ていたのですが、既存の前方参照ゾーン(ex. olympus.kojii.local.)を指定し新しいホスト(ex. foo)を追加することで完全修飾ドメイン名(FQDN)が新しいホスト名.既存の前方参照ゾーン名(ex. foo.olympus.kojii.local.)となる例でした。
現行DNSサーバ構築時に、この操作にありますようにaaaaa.co.jpを指定しzzzという新しいホストを追加していますが、これにより完全修飾ドメイン名はzzz.aaaaa.co.jpとなり、http://zzz.aaaaa.co.jpでWebアクセスされます。
このため、この操作によりaaaaa.jpをAレコードに加えることで、http://www.aaaaa.jp・xxx@aaaaa.jpという運用が可能か懸念しているところです。

お手数お掛け致しますが宜しくお願い致します。