QA@IT
«質問へ戻る

質問を投稿

RubyGems.orgと、GitHubのgemsの使い分けは?

Rubyでgemを管理、インストールするのにふつうにrubygems (Railsではbundlerも) を使っているのですが、gemパッケージのリポジトリとして、GitHubをどう扱えばいいのか、イマイチ理解していません。

GitHubで公開されているgemのリスト
http://gems.github.com/list.html

にあるように、

 $ gem sources -a http://gems.github.com

とするか、~/.gemrc に、

:sources:
- http://gems.rubyforge.org
- http://gems.github.com

と書くらしいというのは、何となく知ってるのですが、GitHubなしで困っていませんでした。ただ、GitHub上にしかないgemもあるし、やっぱりレポジトリソースとしてGitHubを追加しておくのが普通なのかな? と思ったりしています。

そうするとレポジトリとして利用する優先順位が変わるのでしょうか? あと、フォークされたgemがある場合はどうなるのでしょうか?

Rubyでgemを管理、インストールするのにふつうにrubygems (Railsではbundlerも) を使っているのですが、gemパッケージのリポジトリとして、GitHubをどう扱えばいいのか、イマイチ理解していません。

GitHubで公開されているgemのリスト
http://gems.github.com/list.html

にあるように、

~~~sh
 $ gem sources -a http://gems.github.com
~~~

とするか、~/.gemrc に、

~~~sh
:sources:
- http://gems.rubyforge.org
- http://gems.github.com
~~~

と書くらしいというのは、何となく知ってるのですが、GitHubなしで困っていませんでした。ただ、GitHub上にしかないgemもあるし、やっぱりレポジトリソースとしてGitHubを追加しておくのが普通なのかな? と思ったりしています。

そうするとレポジトリとして利用する優先順位が変わるのでしょうか? あと、フォークされたgemがある場合はどうなるのでしょうか?