QA@IT
«回答へ戻る

回答を投稿

私の場合、トランザクション境界はサービスです。
宣言的トランザクション管理が不可能な場合は、
(避けたいですが)サービスでトランザクション制御を行う事になりますね。
ビジネスロジックの実装箇所はドメインモデルです。
OOPエキスパートは、ドメインモデルに実装派が多いようなので、
そのまま受け売りです(恥
というわけで「トランザクション処理も含めたビジネスロジック」は
サービスにあたります。

「サービス単位のDAO」は私にとって集計クエリ用DAO等のイメージです。
テーブル単位のDAOだと明らかにパフォーマンス落ちそうなので、
サービス単位で用意するしか…という感じです。

このあたりの考え方は人によってかなり違うと思います。

投稿者:未記入

私の場合、トランザクション境界はサービスです。
宣言的トランザクション管理が不可能な場合は、
(避けたいですが)サービスでトランザクション制御を行う事になりますね。
ビジネスロジックの実装箇所はドメインモデルです。
OOPエキスパートは、ドメインモデルに実装派が多いようなので、
そのまま受け売りです(恥
というわけで「トランザクション処理も含めたビジネスロジック」は
サービスにあたります。

「サービス単位のDAO」は私にとって集計クエリ用DAO等のイメージです。
テーブル単位のDAOだと明らかにパフォーマンス落ちそうなので、
サービス単位で用意するしか…という感じです。

このあたりの考え方は人によってかなり違うと思います。


投稿者:未記入