QA@IT

VisualStudio Community 2013 のコード分析で特定ソースファイルだけ対象外にしたい

13727 PV

VisualStudio Community 2013 のコード分析で特定ソースファイルだけ対象外にしたいです。

コード分析を有効にしてあるプロジェクト中に sqlite のソースファイルである sqlite3.c を入れたのですが、コード分析が sqlite3.c に関してもコード分析をしてしまい、警告を表示してしまいます。

sqlite3.c に関して、コード分析をしないようにしたいのですが何とかならないでしょうか?

回答

#pragma warning ~
を使えばできると思います。

こちらを参考にしてみてください。

最後にすべての警告を非表示にする方法が乗っています。ただし、これはサードパーティのヘッダファイル向けの情報ですので、ソースコードに適用する場合は

#include <codeanalysis\warnings.h>
#pragma warning ( disable : ALL_CODE_ANALYSIS_WARNINGS )

を直接追加するかヘッダファイルを作成して対象のファイルでincludeするなどしてください。
プリプロセッサの再作成(一度クリーンすれば大丈夫だと思います)と他のヘッダファイルによって警告の有効化がなされていないかも注意してください。

私の環境(Win7 VS2013Community)では簡単な警告(if(a=0){} 比較ではなく代入式 )を片方のファイルだけ無効化することができました。

ちなみにプロジェクトが別であればプロジェクトのコード分析メニューでなにも選択していないコード分析を名前を付けて保存すれば分析させないことができると思います。

編集 履歴 (0)
  • リビルドして、コード分析の警告が出なくなったことが確認できました。
    ありがとうございます。
    -

リビルドして、コード分析の警告が出なくなったことが確認できました。
ありがとうございます。

編集 履歴 (0)
  • 削除できない。えー。 -
ウォッチ

この質問への回答やコメントをメールでお知らせします。