QA@IT

arpテーブルに違うmacアドレスが登録されてしまう

2273 PV

環境
debian4.0.3.4
ifconfigの結果
eth0 192.168.xxx.12/24 cc:cc:cc:cc:cc:3A
eth1 152.zzz.zzz.zzz/28 cc:cc:cc:cc:cc:3B

サーバのeth0に同一セグメントからのpingが通りません。
arpテーブルを確認すると、eth1のmacにIPが紐付けられています。
しばらくするとキャッシュクリアされますが、時間が経ちpingを打ってから
再度確認しても同様です。

Address HWtype HWaddress Flags Mask Iface
192.168.xxx.12 ether cc:cc:cc:cc:cc:3B C eth0

このサーバからpingを送信するとpingが通るようになりますが、arpの結果に下記のように
eth0とeth1が出てきてしまいます。

Address HWtype HWaddress Flags Mask Iface
192.168.xxx.12 ether cc:cc:cc:cc:cc:3A C eth1
192.168.xxx.12 ether cc:cc:cc:cc:cc:3A C eth0

今までは特に問題なく動いていましたが、週末にeth1のグローバルipを変更してから
この症状が出るようになりました。最初はキャッシュでも残っているのかなぐらいに
考えていましたが、丸二日以上たっても症状が変わりません。
この際操作したファイルは"/etc/network/interfaces"のみです。

eth0のセグメントでバックアップが取れなくなってしまっていて困っています。
解決方法をご教示ください。

ウォッチ

この質問への回答やコメントをメールでお知らせします。