QA@IT

centos7のfirewallについて

1792 PV

centos7になってからアクセス制限が
centos6以前はiptablesだったものが、firewallになりました。

Centos7でも、ある程度はiptablesのコマンドが使えるようで
iptables -F
で制限をクリアできて、デフォルトでは制限されていたものが解除できることは確認できました。

しかしこの場合、サーバーを再起動させると、制限がかかっている状態に戻ってしまいます。
centos6以前ではiptables saveでクリアした設定を保存していたのですが、
centos7でも試したのですが、コマンド的に存在しないようです。

iptables -Fにより設定をクリアした状態を保存したいのですが、
「iptables save」にかわるものがありましたら
どのようにしたらよいか教えて頂きたいです。

お分かりになる方がいましたら
よろしくお願いします。

ウォッチ

この質問への回答やコメントをメールでお知らせします。