QA@IT
«回答へ戻る

回答を投稿

どんなアプリケーションを作りたいかによりますが、最初から本格的な大規模アプリケーションをつくるのではなく、自分でつくれそうな規模のものから作っていくと良いと思います。
これはプログラミングに限ったことではないと思っています。小説を書くとしたら、ショートショートから始めて、だんだん長編に近づけていく、とか、彫刻を作るとしたら、消しゴム彫刻から始める、みたいなイメージです。

たとえば、電卓アプリ。
VBとかであれば、簡単につくれます。
最初は、四則演算だけできるものを作って、それから、メモリー機能とか、関数電卓のような機能とかをちょっとずつ追加していきます。

最初は小さいアプリケーションでも作るのは大変だと思いますが、今はネットで調べることができるので、わからないことはどんどん調べましょう。調べ上手になるのもコツです。
もちろん、調べるだけではなくて、すこしずつ理解して自分のものにしていってください。

どんなアプリケーションを作りたいかによりますが、最初から本格的な大規模アプリケーションをつくるのではなく、自分でつくれそうな規模のものから作っていくと良いと思います。
これはプログラミングに限ったことではないと思っています。小説を書くとしたら、ショートショートから始めて、だんだん長編に近づけていく、とか、彫刻を作るとしたら、消しゴム彫刻から始める、みたいなイメージです。


たとえば、電卓アプリ。
VBとかであれば、簡単につくれます。
最初は、四則演算だけできるものを作って、それから、メモリー機能とか、関数電卓のような機能とかをちょっとずつ追加していきます。


最初は小さいアプリケーションでも作るのは大変だと思いますが、今はネットで調べることができるので、わからないことはどんどん調べましょう。調べ上手になるのもコツです。
もちろん、調べるだけではなくて、すこしずつ理解して自分のものにしていってください。