QA@IT
«回答へ戻る

回答を投稿

どういった目的でvagrantを採用したかにも依ってくるとは思います。

依存関係だとか、既存の環境を汚したくないだとか、既存環境にはバージョンなどの問題で入れられないだとかそういった理由でvagrantを利用しているのであれば、
実稼働環境と同じvagrantにて実装などのいろいろを行う方が良いでしょう。
ローカルのMacで動いたけどいざ本番に近いLinux環境では動かないとすれば、ローカルでのテストの時間がもったいないという考え方もあります。
ローカルのrailsにはグローバルなモジュールとして用意しているモジュールがあれば、Linuxにデプロイするときにインストールが必要な事に気がつくという無駄も省けますね。

逆に言えばそういった問題がないのであればローカル環境で開発をしてもいいでしょう。
特に環境に関係なく動作する・修正できるとはっきりわかっているようなものはローカルで直してpushでもいいのではないでしょうか。

どういった目的でvagrantを採用したかにも依ってくるとは思います。

依存関係だとか、既存の環境を汚したくないだとか、既存環境にはバージョンなどの問題で入れられないだとかそういった理由でvagrantを利用しているのであれば、
実稼働環境と同じvagrantにて実装などのいろいろを行う方が良いでしょう。
ローカルのMacで動いたけどいざ本番に近いLinux環境では動かないとすれば、ローカルでのテストの時間がもったいないという考え方もあります。
ローカルのrailsにはグローバルなモジュールとして用意しているモジュールがあれば、Linuxにデプロイするときにインストールが必要な事に気がつくという無駄も省けますね。

逆に言えばそういった問題がないのであればローカル環境で開発をしてもいいでしょう。
特に環境に関係なく動作する・修正できるとはっきりわかっているようなものはローカルで直してpushでもいいのではないでしょうか。