QA@IT

VMware+Windows Server 2008 R2でボリュームDに書き込みができない

4634 PV

いつもお世話になっております。

VMware上にWindows Server 2008 R2でサーバーを構築しました。
ハードディスクについては、「ローカルディスク(C:)」と「ボリューム(D:)」の2つになります。

OSインストール当初は「ボリューム(D:)」に新規フォルダや新規ファイルを作成することができました。

しかし、Windows Update(2014/7/22実施)を実行後、「ボリューム(D:)」にフォルダやファイルが作成できなくなり、合わせて削除・変更もできなくなりました。
エラーは「この操作を実行するアクセス許可が必要です」です。
ただし、「ローカルディスク(C:)」のほうには、フォルダ・ファイルの作成・変更・削除が問題なくできます。

操作は、ローカルのAdministratorで実施しています。

フォルダのプロパティからセキュリティタブを確認したところ、Administratorsグループにフルコントロールのアクセス許可があります。また、所有者も「Administrators」になっています。
この点は、「ローカルディスク(C:)」でも一緒のため、問題はないと思っています。

UAC(ユーザーアカウント制御)も一番下の「通知しない」に設定しています。

設定上はなにも問題がないように思えますが、1点気になるのが、Windows Update後に実施できなくなったことです。

Windows Server 2008、Windows Server 2008 R2でWindows Update後、このような現象になることはネット上で探す限り見つかりませんでした。

私自身これまでVMware、Windows Server 2008 R2を使ったことはありますが、このような事象に遭遇したことがなく、解決方法が分からず、困っています。

ご存じの方がいらっしゃったら、お手数ですがご教示の程よろしくお願い致します。

  • VMwareといってもたくさんあるので、製品名はなんですか?別の仮想ディスクを追加した場合はアクセスできますか? -
  • flied_onionさん、レスありがとうございます。

    ハードを他社から借りているサーバーのため、VMwareとしか分かりません。そのため、製品名はおろか、バージョンも分かりません。
    もし製品名が分かれば、解決策があるのであれば、管理会社に問い合わせしてみます。

    また、別の仮想ディスクを追加した場合も現象は一緒でアクセスできませんでした。
    -

回答

自己レスになりますが、再度サーバーを作り直した結果、Internet Explorer 9をインストールすると再現しました。
IE9を入れると、そんな不具合が出るというのは、ネットでは出ていないですね。

編集 履歴 (0)

念のために確認しますが、追加した仮想ディスクにも同様にアクセスできなかったということですよね?

たしかに他に情報は今のところ見つけられませんね。

サーバー構築はご自分でされましたか?それともOSインストール済みの状態から設定を変更したんでしょうか?
またHyper-Vは有効でしょうか?(可能なら無効の方が良い様に思います)

あとは、Windows Updateが原因とは限りませんが 7/22のupdateで何がインストールされたか、
イベントビューアに気になるものは出ていないかが気になります。

編集 履歴 (1)
  • flied_onionさん、ありがとうございます。
    ・追加した仮想ディスクにもアクセスできませんでした。
    ・OSインストール済みからの設定変更になります。
    ・Hyper-Vは無効です。
    ・イベントビューアを確認しましたが何も問題がありません。
    ・既に稼働中の他のサーバーで同様の環境にしてみましたが再現しませんでした。
    再度一から構築し直すしかないかと思っています。
    -
ウォッチ

この質問への回答やコメントをメールでお知らせします。