QA@IT

rbenv で ruby1.8.7 をインストールエラー

4805 PV
[vagrant@vagrant-centos65 ~]$ rbenv install 1.8.7-p374
Downloading ruby-1.8.7-p374.tar.gz...
-> http://dqw8nmjcqpjn7.cloudfront.net/b72a0bc5b824398537762e5272bbb8dc
Installing ruby-1.8.7-p374...

BUILD FAILED

Inspect or clean up the working tree at /tmp/ruby-build.20131224054940.31726
Results logged to /tmp/ruby-build.20131224054940.31726.log

Last 10 log lines:
/usr/bin/gcc -I. -I../.. -I../../. -I../.././ext/openssl -DRUBY_EXTCONF_H=\"extconf.h\" -I/home/vagrant/.rbenv/versions/1.8.7-p374/include   -I/home/vagrant/.rbenv/versions/1.8.7-p374/include  -fPIC -g -O2   -c ossl_bio.c
/usr/bin/gcc -I. -I../.. -I../../. -I../.././ext/openssl -DRUBY_EXTCONF_H=\"extconf.h\" -I/home/vagrant/.rbenv/versions/1.8.7-p374/include   -I/home/vagrant/.rbenv/versions/1.8.7-p374/include  -fPIC -g -O2   -c ossl_pkey_ec.c
ossl_pkey_ec.c: In function ?ossl_ec_group_initialize?:
ossl_pkey_ec.c:761: warning: assignment makes pointer from integer without a cast
ossl_pkey_ec.c:815: error: ?EC_GROUP_new_curve_GF2m? undeclared (first use in this function)
ossl_pkey_ec.c:815: error: (Each undeclared identifier is reported only once
ossl_pkey_ec.c:815: error: for each function it appears in.)
make[1]: *** [ossl_pkey_ec.o] Error 1
make[1]: Leaving directory `/tmp/ruby-build.20131224054940.31726/ruby-1.8.7-p374/ext/openssl'
make: *** [all] Error 1

このエラーの原因が分かりません。openssl?proxy?make?それは既にそれぞれ設定/インストールしました。
rbenvバージョンは0.4.0-80-g59aca30

回答

OSやRubyのバージョンからおそらく同様の症状だと思われるものがこちらに報告されていました。

[Case 84173] Error installing Ruby - cPanel Forums
http://forums.cpanel.net/f5/case-84173-error-installing-ruby-377831.html

CentOS の OpenSSL の RPM の最近のアップデートが原因のようです。
リンク先ではrubyのソースにパッチを当てる対応が書かれていますが、rbenvの場合はどうなるのか自分にはわかりません…。

急がないのであればパッケージのアップデートを待って yum update するのが一番安全で確実だと思います。

編集 履歴 (0)
  • ありがとうございました。`yum update`を試してみましたが、同じ結果でした。 -
ウォッチ

この質問への回答やコメントをメールでお知らせします。