QA@IT
«回答へ戻る

回答を投稿

25個のCRCエラーという事ですが、通常25個程度のCRCエラーで業務影響が発生する事は考えにくいです。
ミッションクリティカルなアプリケーションであれば影響を受ける事が考えられますが、
通常の情報通信系のHTTP/SMTP等であれば再送で救われるレベルだと思いますので、定期的にカウントアップ
していなければ業務影響とCRCエラーは関連していないと考えてよろしいかと思います。

CRCエラーがいつ起こったのか?については確認する方法はコマンドレベルでは存在しません。
Wireshark等でキャプチャするしか方法は無いですが、CRCエラー等、エラーパケットをキャプチャ出来るかどうかはPCのNICに依存しますので、キャプチャ専用機(ネットスカウト等)を使用するのが確実だと思います。

25個のCRCエラーという事ですが、通常25個程度のCRCエラーで業務影響が発生する事は考えにくいです。
ミッションクリティカルなアプリケーションであれば影響を受ける事が考えられますが、
通常の情報通信系のHTTP/SMTP等であれば再送で救われるレベルだと思いますので、定期的にカウントアップ
していなければ業務影響とCRCエラーは関連していないと考えてよろしいかと思います。

CRCエラーがいつ起こったのか?については確認する方法はコマンドレベルでは存在しません。
Wireshark等でキャプチャするしか方法は無いですが、CRCエラー等、エラーパケットをキャプチャ出来るかどうかはPCのNICに依存しますので、キャプチャ専用機(ネットスカウト等)を使用するのが確実だと思います。