QA@IT
«質問へ戻る

2
本文
 原因の特定はしない(出来ない)というところを着地点にしようと思います。
 
 連絡して頂いた方々、本当に有難う御座いました。
+
+- - -
+2013/08/12 更新
+再現する不具合ということが判明しました。
+(詳細は下を読んで下さい。)
+
+Windows7 + .Net Framework1.1構成は限りなく少数かと思いますが、
+この不具合はExcelファイルを直接編集する処理は勿論ですが、
+そのExcelを一時ファイルとしてBookの操作を行っていたり、
+或いはそのファイルを用いた帳票出力を行う処理がある場合は対処が必要になります。
+
+大量ファイル出力等で通常でも出力までに遅延がある場合は気が付き辛いですが
+1秒2秒程度で完了する処理ではその動作遅延が顕著(15秒程度遅くなる)ですので、
+必ず少量のデータでテストする事をお勧め致します。
+(私はテスト時に偶然大量データでテストしていてこれに気が付きませんでした。)
タグ

CreateObject使用時に想定外の遅延が発生

環境
 Visual Studio 2003
 VB.net
 Microsoft Office Excel 2003

exe起動しDBより吸い上げたデータを元にExcelファイル出力を
行うアプリケーション開発を行っています。
その中で、

Dim objXls as Object
objXls = CreateObject("Excel.Application")

このような処理を行っているのですが、
Windows XPではこの処理では特に躓く事無く通過しますが、
Windows 7では10秒近く遅延が発生します。
処理としては正しく動作します。

この処理は、

Dim objXls as New Microsoft.Office.Interop.Excel.Application

に変更することでWindows 7でもWindows XPとほぼ同等の処理時間に
することが出来ましたが、何故遅くなってしまうのか具体的な理由が知りたいです。

ご存知の方いらっしゃいましたら、宜しくお願いいたします。


2013/08/09 更新
この事象について、広く発生すると思っていたのですが
検索しても同様の不具合が出ているような記事をまったく見つけられないので、
こちらのアプリに何らかの問題があり、今回は工数も無いので
原因の特定はしない(出来ない)というところを着地点にしようと思います。

連絡して頂いた方々、本当に有難う御座いました。


2013/08/12 更新
再現する不具合ということが判明しました。
(詳細は下を読んで下さい。)

Windows7 + .Net Framework1.1構成は限りなく少数かと思いますが、
この不具合はExcelファイルを直接編集する処理は勿論ですが、
そのExcelを一時ファイルとしてBookの操作を行っていたり、
或いはそのファイルを用いた帳票出力を行う処理がある場合は対処が必要になります。

大量ファイル出力等で通常でも出力までに遅延がある場合は気が付き辛いですが
1秒2秒程度で完了する処理ではその動作遅延が顕著(15秒程度遅くなる)ですので、
必ず少量のデータでテストする事をお勧め致します。
(私はテスト時に偶然大量データでテストしていてこれに気が付きませんでした。)

環境
 Visual Studio 2003
 VB.net
 Microsoft Office Excel 2003

exe起動しDBより吸い上げたデータを元にExcelファイル出力を
行うアプリケーション開発を行っています。
その中で、
```VB
Dim objXls as Object
objXls = CreateObject("Excel.Application")
```
このような処理を行っているのですが、
Windows XPではこの処理では特に躓く事無く通過しますが、
Windows 7では10秒近く遅延が発生します。
処理としては正しく動作します。

この処理は、
```VB
Dim objXls as New Microsoft.Office.Interop.Excel.Application
```
に変更することでWindows 7でもWindows XPとほぼ同等の処理時間に
することが出来ましたが、何故遅くなってしまうのか具体的な理由が知りたいです。

ご存知の方いらっしゃいましたら、宜しくお願いいたします。



- - -
2013/08/09 更新
この事象について、広く発生すると思っていたのですが
検索しても同様の不具合が出ているような記事をまったく見つけられないので、
こちらのアプリに何らかの問題があり、今回は工数も無いので
原因の特定はしない(出来ない)というところを着地点にしようと思います。

連絡して頂いた方々、本当に有難う御座いました。

- - -
2013/08/12 更新
再現する不具合ということが判明しました。
(詳細は下を読んで下さい。)

Windows7 + .Net Framework1.1構成は限りなく少数かと思いますが、
この不具合はExcelファイルを直接編集する処理は勿論ですが、
そのExcelを一時ファイルとしてBookの操作を行っていたり、
或いはそのファイルを用いた帳票出力を行う処理がある場合は対処が必要になります。

大量ファイル出力等で通常でも出力までに遅延がある場合は気が付き辛いですが
1秒2秒程度で完了する処理ではその動作遅延が顕著(15秒程度遅くなる)ですので、
必ず少量のデータでテストする事をお勧め致します。
(私はテスト時に偶然大量データでテストしていてこれに気が付きませんでした。)

2
本文
 することが出来ましたが、何故遅くなってしまうのか具体的な理由が知りたいです。
 
 ご存知の方いらっしゃいましたら、宜しくお願いいたします。
+
+
+
+- - -
+2013/08/09 更新
+この事象について、広く発生すると思っていたのですが
+検索しても同様の不具合が出ているような記事をまったく見つけられないので、
+こちらのアプリに何らかの問題があり、今回は工数も無いので
+原因の特定はしない(出来ない)というところを着地点にしようと思います。
+
+連絡して頂いた方々、本当に有難う御座いました。

CreateObject使用時に想定外の遅延が発生

環境
 Visual Studio 2003
 VB.net
 Microsoft Office Excel 2003

exe起動しDBより吸い上げたデータを元にExcelファイル出力を
行うアプリケーション開発を行っています。
その中で、

Dim objXls as Object
objXls = CreateObject("Excel.Application")

このような処理を行っているのですが、
Windows XPではこの処理では特に躓く事無く通過しますが、
Windows 7では10秒近く遅延が発生します。
処理としては正しく動作します。

この処理は、

Dim objXls as New Microsoft.Office.Interop.Excel.Application

に変更することでWindows 7でもWindows XPとほぼ同等の処理時間に
することが出来ましたが、何故遅くなってしまうのか具体的な理由が知りたいです。

ご存知の方いらっしゃいましたら、宜しくお願いいたします。


2013/08/09 更新
この事象について、広く発生すると思っていたのですが
検索しても同様の不具合が出ているような記事をまったく見つけられないので、
こちらのアプリに何らかの問題があり、今回は工数も無いので
原因の特定はしない(出来ない)というところを着地点にしようと思います。

連絡して頂いた方々、本当に有難う御座いました。

環境
 Visual Studio 2003
 VB.net
 Microsoft Office Excel 2003

exe起動しDBより吸い上げたデータを元にExcelファイル出力を
行うアプリケーション開発を行っています。
その中で、
```VB
Dim objXls as Object
objXls = CreateObject("Excel.Application")
```
このような処理を行っているのですが、
Windows XPではこの処理では特に躓く事無く通過しますが、
Windows 7では10秒近く遅延が発生します。
処理としては正しく動作します。

この処理は、
```VB
Dim objXls as New Microsoft.Office.Interop.Excel.Application
```
に変更することでWindows 7でもWindows XPとほぼ同等の処理時間に
することが出来ましたが、何故遅くなってしまうのか具体的な理由が知りたいです。

ご存知の方いらっしゃいましたら、宜しくお願いいたします。



- - -
2013/08/09 更新
この事象について、広く発生すると思っていたのですが
検索しても同様の不具合が出ているような記事をまったく見つけられないので、
こちらのアプリに何らかの問題があり、今回は工数も無いので
原因の特定はしない(出来ない)というところを着地点にしようと思います。

連絡して頂いた方々、本当に有難う御座いました。

質問を投稿

CreateObject使用時に想定外の遅延が発生

環境
 Visual Studio 2003
 VB.net
 Microsoft Office Excel 2003

exe起動しDBより吸い上げたデータを元にExcelファイル出力を
行うアプリケーション開発を行っています。
その中で、

Dim objXls as Object
objXls = CreateObject("Excel.Application")

このような処理を行っているのですが、
Windows XPではこの処理では特に躓く事無く通過しますが、
Windows 7では10秒近く遅延が発生します。
処理としては正しく動作します。

この処理は、

Dim objXls as New Microsoft.Office.Interop.Excel.Application

に変更することでWindows 7でもWindows XPとほぼ同等の処理時間に
することが出来ましたが、何故遅くなってしまうのか具体的な理由が知りたいです。

ご存知の方いらっしゃいましたら、宜しくお願いいたします。

環境
 Visual Studio 2003
 VB.net
 Microsoft Office Excel 2003

exe起動しDBより吸い上げたデータを元にExcelファイル出力を
行うアプリケーション開発を行っています。
その中で、
```VB
Dim objXls as Object
objXls = CreateObject("Excel.Application")
```
このような処理を行っているのですが、
Windows XPではこの処理では特に躓く事無く通過しますが、
Windows 7では10秒近く遅延が発生します。
処理としては正しく動作します。

この処理は、
```VB
Dim objXls as New Microsoft.Office.Interop.Excel.Application
```
に変更することでWindows 7でもWindows XPとほぼ同等の処理時間に
することが出来ましたが、何故遅くなってしまうのか具体的な理由が知りたいです。

ご存知の方いらっしゃいましたら、宜しくお願いいたします。