QA@IT
«質問へ戻る

質問を投稿

LinuxのPassword expires/inactive, Accout expiresの動作について

現在LPICの勉強をしています。

Linuxのユーザー管理で chageを使い

Password expires (パスワードの失効までの期間)
Password inactive (パスワードの無効になるまでの期間)
Account expires (アカウントの失効までの期間)

が設定できるという解説があったのですが、具体的に「失効」や「無効」がどのような状態なのかがわかりませんでした。

Password expires が「パスワード変更しないと使えない状態」
Password inactiveが「ユーザーはパスワードの変更もできず、管理者が何かしないと使えない状態」
Account expires 「userdelが実行されたのと同じ状態」

なのかと考えたのですが、ドキュメントを見つけることができませんでした。
それぞれの状態が具体的にどういうものなのかを記述してるサイトなどないでしょうか?

現在LPICの勉強をしています。

Linuxのユーザー管理で `chage`を使い

Password expires (パスワードの失効までの期間)
Password inactive (パスワードの無効になるまでの期間)
Account expires (アカウントの失効までの期間)

が設定できるという解説があったのですが、具体的に「失効」や「無効」がどのような状態なのかがわかりませんでした。

Password expires が「パスワード変更しないと使えない状態」
Password inactiveが「ユーザーはパスワードの変更もできず、管理者が何かしないと使えない状態」
Account expires 「`userdel`が実行されたのと同じ状態」

なのかと考えたのですが、ドキュメントを見つけることができませんでした。
それぞれの状態が具体的にどういうものなのかを記述してるサイトなどないでしょうか?