QA@IT
«質問へ戻る

質問を投稿

rpm オプションの -U と -F の違いについて

「Linux教科書 LPIC レベル1 スピードマスター問題集」という本で勉強をしているのですが、

rpm のオプションの説明が下記のようになっていました。

-U --upgrade:パッケージをアップグレードする。インストール済みのパッケージが存在しない場合、新規にインストールを行う。
-F --freshen:パッケージをアップデートする。インストール済みのパッケージが存在しない場合、何も行わない。

アップグレードとアップデートが使い分けられていたので違いがあるのかと考えて検索してみました。

そうすると下記サイトには-Uと-Fの違いは既にパッケージがインストール済みかどうかの処理が異なるだけで、共に「アップデート」するという説明になっていました。
http://wiki.poyo.jp/read/Writing/fc-expert/howto_rpm/020.rpm_basic

一般的なアップグレードとアップデートの定義は別として
rpmに関しては2つの用語は同一の意味として使われているのでしょうか?

「Linux教科書 LPIC レベル1 スピードマスター問題集」という本で勉強をしているのですが、

rpm のオプションの説明が下記のようになっていました。

>-U --upgrade:パッケージをアップグレードする。インストール済みのパッケージが存在しない場合、新規にインストールを行う。
>-F --freshen:パッケージをアップデートする。インストール済みのパッケージが存在しない場合、何も行わない。

アップグレードとアップデートが使い分けられていたので違いがあるのかと考えて検索してみました。

そうすると下記サイトには-Uと-Fの違いは既にパッケージがインストール済みかどうかの処理が異なるだけで、共に「アップデート」するという説明になっていました。
http://wiki.poyo.jp/read/Writing/fc-expert/howto_rpm/020.rpm_basic

一般的なアップグレードとアップデートの定義は別として
rpmに関しては2つの用語は同一の意味として使われているのでしょうか?