QA@IT
«回答へ戻る

回答を投稿

man man すると分かりますが、検索されるセクションは

  • コマンドラインオプション -S
  • 環境変数 MANSECT
  • man.conf(ig) の設定項目 MANSECT

で決められます。

セクション1がこれらで決まるセクションリストの先頭にあり、passwd(1) (「セクション1のpasswdというmanページ」という意味)が存在するなら

  • man passwd
  • man 1 passwd

は等価です。

手元のCentOS5

MANSECT         1:1p:8:2:3:3p:4:5:6:7:9:0p:n:l:p:o:1x:2x:3x:4x:5x:6x:7x:8x

手元のOSX

MANSECT         1:1p:8:2:3:3p:4:5:6:7:9:0p:tcl:n:l:p:o

セクションはmanページに対する分類です。

passwd(1)はpasswdという名前の「コマンド」、passwd(5)は/etc/passwdの「ファイルフォーマット」についての説明です。

各セクションの意味は、該当セクションの intro というmanページで(あれば)説明されています。

  • man 1 intro
  • man 8 intro

などをお試し下さい。

`man man` すると分かりますが、検索されるセクションは

* コマンドラインオプション `-S`
* 環境変数 `MANSECT`
* man.conf(ig) の設定項目 `MANSECT`

で決められます。

セクション1がこれらで決まるセクションリストの先頭にあり、passwd(1) (「セクション1のpasswdというmanページ」という意味)が存在するなら

* `man passwd`
* `man 1 passwd`

は等価です。

手元のCentOS5
~~~~
MANSECT         1:1p:8:2:3:3p:4:5:6:7:9:0p:n:l:p:o:1x:2x:3x:4x:5x:6x:7x:8x
~~~~

手元のOSX
~~~~
MANSECT         1:1p:8:2:3:3p:4:5:6:7:9:0p:tcl:n:l:p:o
~~~~

セクションはmanページに対する分類です。

passwd(1)はpasswdという名前の「コマンド」、passwd(5)は/etc/passwdの「ファイルフォーマット」についての説明です。

各セクションの意味は、該当セクションの intro というmanページで(あれば)説明されています。

* `man 1 intro`
* `man 8 intro`

などをお試し下さい。