QA@IT
«質問へ戻る

質問を投稿

Pull Request送信後に修正があった場合の作法について

Pull Requestそのものの作法については色々な方が書かれており参考に
させていただいたのですが、その後の対応について質問させてください。

GitHubでプロジェクトに何らかの貢献をしたくPull Requestを行ったあと、
相手から「ここをこう直してくれませんか?」と言われた場合についてです。
前提としてPull Request用にブランチは別に切っています。

1.ローカルで修正を行いコミット→リモートのPull Request用ブランチにプッシュ

2.いったんリモートのPull Request用ブランチは削除。
  ローカルで修正を行い commit amendでコミット上書き。
  →再度リモートにPull Request用ブランチとしてプッシュ

一般的な作法として1.で良いのでしょうか?
シンプルなやり方ですがこれだとちょっとしたスペルミス等の修正などでも
コミットが増えてしまい、最終的にマージされた際に余計なコミットが
残ってしまうのを気にする人もいるのでは…と迷っています。

2.だとコミットは綺麗になりますが、いったんリモートにプッシュしたブランチを
削除してしまっているので追跡が困難になる気がします。

どちらが良いのか、あるいは他に定石があるのか。。
お分かりになる方が居れば教えてください。

Pull Requestそのものの作法については色々な方が書かれており参考に
させていただいたのですが、その後の対応について質問させてください。

GitHubでプロジェクトに何らかの貢献をしたくPull Requestを行ったあと、
相手から「ここをこう直してくれませんか?」と言われた場合についてです。
前提としてPull Request用にブランチは別に切っています。

1.ローカルで修正を行いコミット→リモートのPull Request用ブランチにプッシュ

2.いったんリモートのPull Request用ブランチは削除。
  ローカルで修正を行い commit amendでコミット上書き。
  →再度リモートにPull Request用ブランチとしてプッシュ

一般的な作法として1.で良いのでしょうか?
シンプルなやり方ですがこれだとちょっとしたスペルミス等の修正などでも
コミットが増えてしまい、最終的にマージされた際に余計なコミットが
残ってしまうのを気にする人もいるのでは…と迷っています。

2.だとコミットは綺麗になりますが、いったんリモートにプッシュしたブランチを
削除してしまっているので追跡が困難になる気がします。

どちらが良いのか、あるいは他に定石があるのか。。
お分かりになる方が居れば教えてください。