QA@IT

Linux(FedoraXX)でSATAの接続ポート設定に関して

1188 PV

M/B上にSATAのインターフェイスが複数搭載され、それぞれにSATAのHDDを接続し、プログラムから制御(SMART情報の取得など)しています。

OS:Fedora12 (x64)

其々のHDDの接続ポート情報は、以下の方法で取得して問題なく利用していたのですが、突然、意図していなかった情報となり不具合が発生してしまいました。恐らく、ポートの設定ルールを理解せずにプログラミングした事が問題だと思うので、この辺の設定ルール、ルールが記載されているURLなどがあれば教えて下さい。

接続ポートの確認方法
#find /sys/devices -type l | grep block

/sys/devices/pci0000:00/0000:00:05.0/host0/target0:0:0/0:0:0:0/block:sda
/sys/devices/pci0000:00/0000:00:05.0/host1/target0:0:0/0:0:0:0/block:sdb
/sys/devices/pci0000:00/0000:00:05.0/host2/target0:0:0/0:0:0:0/block:sdc
/sys/devices/pci0000:00/0000:00:1f.2/host3/target0:0:0/0:0:0:0/block:sdd
/sys/devices/pci0000:00/0000:00:1f.2/host4/target0:0:0/0:0:0:0/block:sde

今までは、/hostx/のx部分が重なる事がなく、この値を利用して制御していました。

/sys/devices/pci0000:00/0000:00:05.0/host0/target0:0:0/0:0:0:0/block:sda
/sys/devices/pci0000:00/0000:00:05.0/host1/target0:0:0/0:0:0:0/block:sdb
/sys/devices/pci0000:00/0000:00:05.0/host2/target0:0:0/0:0:0:0/block:sdc
/sys/devices/pci0000:00/0000:00:1f.2/host3/target0:0:0/0:0:0:0/block:sdd
/sys/devices/pci0000:00/0000:00:1f.2/host3/target0:0:1/0:0:0:0/block:sde

突然上記の様に/hostx/のx部分が同じ情報になり、/target0:0:x/の部分に変化がでました。

宜しくお願いします。

ウォッチ

この質問への回答やコメントをメールでお知らせします。