QA@IT
«回答へ戻る

ツイートでまつもとさんから返事があったので追記してみました

1138
 ドキュメントに関しては上記実装時から今日まで特に書かれていません。履歴やソースファイルのannotateを読んでも尽くスルーされてますが、理由はわかりません。ただ、避けるべき機能であれば逆にドキュメントがありそうなものなので(気をつけなければならないので)、実装したしChangeLogも書いたけどソースのコメントには書き忘れたのではないかと個人的に想像してます。
 
 ということで野暮な話ではありますが、この機能に関するドキュメントがない理由は実装者であるまつもとさん(か当時を知る方)にたずねるのが早いと思います。
+
+【追記】まつもとさんによれば、「単にドキュメントに書いてないだけですね」ということでした。
+https://twitter.com/yukihiro_matz/status/288219296105132033

詳しくありませんが、興味を持ったので少し調べました。

この機能の発端は[ruby-core:2606]でのDave Thomasさんからの投稿で、「class Struct.newと書きたい」という要望に対して[ruby-core:2607]にてまつもとさんは却下されましたが、代わりに代替案として挙げられた「Struct.newがブロックを受け付けるようにする」案が採用されました(http://svn.ruby-lang.org/cgi-bin/viewvc.cgi?view=revision&revision=5934 )。実装もまつもとさんです。

上記のやり取りからClassとの一貫性が実装目的ではない(Structの使い勝手向上?)ように見受けられます。

ドキュメントに関しては上記実装時から今日まで特に書かれていません。履歴やソースファイルのannotateを読んでも尽くスルーされてますが、理由はわかりません。ただ、避けるべき機能であれば逆にドキュメントがありそうなものなので(気をつけなければならないので)、実装したしChangeLogも書いたけどソースのコメントには書き忘れたのではないかと個人的に想像してます。

ということで野暮な話ではありますが、この機能に関するドキュメントがない理由は実装者であるまつもとさん(か当時を知る方)にたずねるのが早いと思います。

【追記】まつもとさんによれば、「単にドキュメントに書いてないだけですね」ということでした。
https://twitter.com/yukihiro_matz/status/288219296105132033

詳しくありませんが、興味を持ったので少し調べました。

この機能の発端は[[ruby-core:2606]](http://blade.nagaokaut.ac.jp/cgi-bin/scat.rb/ruby/ruby-core/2606)でのDave Thomasさんからの投稿で、「class Struct.newと書きたい」という要望に対して[[ruby-core:2607]](http://blade.nagaokaut.ac.jp/cgi-bin/scat.rb/ruby/ruby-core/2607)にてまつもとさんは却下されましたが、代わりに代替案として挙げられた「Struct.newがブロックを受け付けるようにする」案が採用されました(http://svn.ruby-lang.org/cgi-bin/viewvc.cgi?view=revision&revision=5934 )。実装もまつもとさんです。

上記のやり取りからClassとの一貫性が実装目的ではない(Structの使い勝手向上?)ように見受けられます。

ドキュメントに関しては上記実装時から今日まで特に書かれていません。履歴やソースファイルのannotateを読んでも尽くスルーされてますが、理由はわかりません。ただ、避けるべき機能であれば逆にドキュメントがありそうなものなので(気をつけなければならないので)、実装したしChangeLogも書いたけどソースのコメントには書き忘れたのではないかと個人的に想像してます。

ということで野暮な話ではありますが、この機能に関するドキュメントがない理由は実装者であるまつもとさん(か当時を知る方)にたずねるのが早いと思います。

【追記】まつもとさんによれば、「単にドキュメントに書いてないだけですね」ということでした。
https://twitter.com/yukihiro_matz/status/288219296105132033

言葉の追加。誤字の修正。

104
 
 この機能の発端は[[ruby-core:2606]](http://blade.nagaokaut.ac.jp/cgi-bin/scat.rb/ruby/ruby-core/2606)でのDave Thomasさんからの投稿で、「class Struct.newと書きたい」という要望に対して[[ruby-core:2607]](http://blade.nagaokaut.ac.jp/cgi-bin/scat.rb/ruby/ruby-core/2607)にてまつもとさんは却下されましたが、代わりに代替案として挙げられた「Struct.newがブロックを受け付けるようにする」案が採用されました(http://svn.ruby-lang.org/cgi-bin/viewvc.cgi?view=revision&revision=5934 )。実装もまつもとさんです。
 
-上記のやり取りからはClassとの一貫性ではない(Structの使い勝手向上?)ように見受けられます。
+上記のやり取りからClassとの一貫性が実装目的ではない(Structの使い勝手向上?)ように見受けられます。
 
-ドキュメントに関しては上記実装時から今日まで特に書かれていません。履歴やソースファイルのannnotateを読んでも尽くスルーされてますが、理由はわかりません。ただ、避けるべき機能であれば逆にドキュメントがありそうなもの(気をつけなければならないので)なので、実装したしChangeLogも書いたけどソースのコメントには書き忘れたのではないかと個人的に想像してます。
+ドキュメントに関しては上記実装時から今日まで特に書かれていません。履歴やソースファイルのannotateを読んでも尽くスルーされてますが、理由はわかりません。ただ、避けるべき機能であれば逆にドキュメントがありそうなものなので(気をつけなければならないので)、実装したしChangeLogも書いたけどソースのコメントには書き忘れたのではないかと個人的に想像してます。
 
 ということで野暮な話ではありますが、この機能に関するドキュメントがない理由は実装者であるまつもとさん(か当時を知る方)にたずねるのが早いと思います。

詳しくありませんが、興味を持ったので少し調べました。

この機能の発端は[ruby-core:2606]でのDave Thomasさんからの投稿で、「class Struct.newと書きたい」という要望に対して[ruby-core:2607]にてまつもとさんは却下されましたが、代わりに代替案として挙げられた「Struct.newがブロックを受け付けるようにする」案が採用されました(http://svn.ruby-lang.org/cgi-bin/viewvc.cgi?view=revision&revision=5934 )。実装もまつもとさんです。

上記のやり取りからClassとの一貫性が実装目的ではない(Structの使い勝手向上?)ように見受けられます。

ドキュメントに関しては上記実装時から今日まで特に書かれていません。履歴やソースファイルのannotateを読んでも尽くスルーされてますが、理由はわかりません。ただ、避けるべき機能であれば逆にドキュメントがありそうなものなので(気をつけなければならないので)、実装したしChangeLogも書いたけどソースのコメントには書き忘れたのではないかと個人的に想像してます。

ということで野暮な話ではありますが、この機能に関するドキュメントがない理由は実装者であるまつもとさん(か当時を知る方)にたずねるのが早いと思います。

詳しくありませんが、興味を持ったので少し調べました。

この機能の発端は[[ruby-core:2606]](http://blade.nagaokaut.ac.jp/cgi-bin/scat.rb/ruby/ruby-core/2606)でのDave Thomasさんからの投稿で、「class Struct.newと書きたい」という要望に対して[[ruby-core:2607]](http://blade.nagaokaut.ac.jp/cgi-bin/scat.rb/ruby/ruby-core/2607)にてまつもとさんは却下されましたが、代わりに代替案として挙げられた「Struct.newがブロックを受け付けるようにする」案が採用されました(http://svn.ruby-lang.org/cgi-bin/viewvc.cgi?view=revision&revision=5934 )。実装もまつもとさんです。

上記のやり取りからClassとの一貫性が実装目的ではない(Structの使い勝手向上?)ように見受けられます。

ドキュメントに関しては上記実装時から今日まで特に書かれていません。履歴やソースファイルのannotateを読んでも尽くスルーされてますが、理由はわかりません。ただ、避けるべき機能であれば逆にドキュメントがありそうなものなので(気をつけなければならないので)、実装したしChangeLogも書いたけどソースのコメントには書き忘れたのではないかと個人的に想像してます。

ということで野暮な話ではありますが、この機能に関するドキュメントがない理由は実装者であるまつもとさん(か当時を知る方)にたずねるのが早いと思います。

回答を投稿

詳しくありませんが、興味を持ったので少し調べました。

この機能の発端は[ruby-core:2606]でのDave Thomasさんからの投稿で、「class Struct.newと書きたい」という要望に対して[ruby-core:2607]にてまつもとさんは却下されましたが、代わりに代替案として挙げられた「Struct.newがブロックを受け付けるようにする」案が採用されました(http://svn.ruby-lang.org/cgi-bin/viewvc.cgi?view=revision&revision=5934 )。実装もまつもとさんです。

上記のやり取りからはClassとの一貫性ではない(Structの使い勝手向上?)ように見受けられます。

ドキュメントに関しては上記実装時から今日まで特に書かれていません。履歴やソースファイルのannnotateを読んでも尽くスルーされてますが、理由はわかりません。ただ、避けるべき機能であれば逆にドキュメントがありそうなもの(気をつけなければならないので)なので、実装したしChangeLogも書いたけどソースのコメントには書き忘れたのではないかと個人的に想像してます。

ということで野暮な話ではありますが、この機能に関するドキュメントがない理由は実装者であるまつもとさん(か当時を知る方)にたずねるのが早いと思います。

詳しくありませんが、興味を持ったので少し調べました。

この機能の発端は[[ruby-core:2606]](http://blade.nagaokaut.ac.jp/cgi-bin/scat.rb/ruby/ruby-core/2606)でのDave Thomasさんからの投稿で、「class Struct.newと書きたい」という要望に対して[[ruby-core:2607]](http://blade.nagaokaut.ac.jp/cgi-bin/scat.rb/ruby/ruby-core/2607)にてまつもとさんは却下されましたが、代わりに代替案として挙げられた「Struct.newがブロックを受け付けるようにする」案が採用されました(http://svn.ruby-lang.org/cgi-bin/viewvc.cgi?view=revision&revision=5934 )。実装もまつもとさんです。

上記のやり取りからはClassとの一貫性ではない(Structの使い勝手向上?)ように見受けられます。

ドキュメントに関しては上記実装時から今日まで特に書かれていません。履歴やソースファイルのannnotateを読んでも尽くスルーされてますが、理由はわかりません。ただ、避けるべき機能であれば逆にドキュメントがありそうなもの(気をつけなければならないので)なので、実装したしChangeLogも書いたけどソースのコメントには書き忘れたのではないかと個人的に想像してます。

ということで野暮な話ではありますが、この機能に関するドキュメントがない理由は実装者であるまつもとさん(か当時を知る方)にたずねるのが早いと思います。