QA@IT

VB6.0とVB2008のフォーカスの動きについて

1730 PV

初めて質問させていただきます。
不慣れな為、文章がわかりにくかったり、失礼等あるかもしれませんが、どうかお許し下さい。

VB6.0で開発されたプログラムをVB2008へアップグレードする作業を行っています。
VB2008とVB6.0のフォーカスの動きの違いについてご教示いただきたいです。

==================================================
VB6.0のフォーム(Form1)上に2つのボタンを配置しています。

Button1
Button2

・タブオーダーはButton1→Button2の順番です
・Button1にフォーカスがセットされています

Button1.Enabled = False を実行すると、
Form1.ActiveControl = Nothing となりました。

同様のことをVB2008で実行すると、

ActiveControlには、Button2が設定されました。

【質問】
VB2008では、Form内でActiveになっているコントロールが無効になったとき、
タブオーダー上、次のコントロールがActiveになるという認識で合っているでしょうか?
また、VB6.0では、Form内でActiveになっているコントロールが無効になったら、ActiveControlはなくなる(Nothingになる)という認識で合っていますか?

文章がわかりにくかったら、申し訳ないです。
ご回答、何卒よろしくお願いします。

ウォッチ

この質問への回答やコメントをメールでお知らせします。