QA@IT
«回答へ戻る

誤字修正

80
 
 拡張メソッドを実装するクラスに限らず、クラスが所属する名前空間は「そのクラスがどういう性質や目的を持っているか」によって決定するべきだと思います。
 
-たとえば、string クラスに対する拡張メソッドであっても、それがアプリケーション固有の拡張ならばアプリケーションの名前空間配下に所属するのが自然だと思います。
+たとえば string クラスに対する拡張メソッドであっても、それがアプリケーション固有の機能ならば、System 名前空間ではなくアプリケーションの名前空間配下に所属するのが自然だと思います。

拡張メソッドが所属する名前空間としては2つ候補があると思います。

拡張メソッドを実装するクラスに限らず、クラスが所属する名前空間は「そのクラスがどういう性質や目的を持っているか」によって決定するべきだと思います。

たとえば string クラスに対する拡張メソッドであっても、それがアプリケーション固有の機能ならば、System 名前空間ではなくアプリケーションの名前空間配下に所属するのが自然だと思います。

>拡張メソッドが所属する名前空間としては2つ候補があると思います。

拡張メソッドを実装するクラスに限らず、クラスが所属する名前空間は「そのクラスがどういう性質や目的を持っているか」によって決定するべきだと思います。

たとえば string クラスに対する拡張メソッドであっても、それがアプリケーション固有の機能ならば、System 名前空間ではなくアプリケーションの名前空間配下に所属するのが自然だと思います。

回答を投稿

拡張メソッドが所属する名前空間としては2つ候補があると思います。

拡張メソッドを実装するクラスに限らず、クラスが所属する名前空間は「そのクラスがどういう性質や目的を持っているか」によって決定するべきだと思います。

たとえば、string クラスに対する拡張メソッドであっても、それがアプリケーション固有の拡張ならばアプリケーションの名前空間配下に所属するのが自然だと思います。

>拡張メソッドが所属する名前空間としては2つ候補があると思います。

拡張メソッドを実装するクラスに限らず、クラスが所属する名前空間は「そのクラスがどういう性質や目的を持っているか」によって決定するべきだと思います。

たとえば、string クラスに対する拡張メソッドであっても、それがアプリケーション固有の拡張ならばアプリケーションの名前空間配下に所属するのが自然だと思います。