QA@IT

異なるバージョンの Oracle client の共存について

13781 PV

お客様のWin7のPCにアプリケーションのクライアントソフトを設定するために、Oracle11gclientをインストールする必要があり実行しました。(oracle11g_home1が作られていた)
インストール当初は問題なく動作していのですが、お客様がさらにODBCを使うために、Oracle11gをインストールし、Oracle11g_home2が作成されていました。

APLからDBオープンエラーが帰るということで、環境を確認しにいくと
netManagerからの接続は問題ない

という状況でしたが、よく見ると、お客様のマシンにはなんと、
Oracle7 ODBCのみ
Oracle10GClient
Oracle11gClient
がインストールされておりました。

Universal Installerで確認し、一番上にOracle11g_home2があったので、これを
oracle11g_home1に変更し再起動しましたが、エラーが回避できません。

そこでみなさんの知恵と経験を貸して頂きたく質問させてください。
なんとか、APLからoracle11g_home1がみえるようにしたいのですが何かいい方法がありますか?

  • 元から入っていた7と10gは影響していないと仮定して、
    11g_home1と11g_home2をいったん両方アンインストールして11gを再インストールは試してみられましたか?
    -
ウォッチ

この質問への回答やコメントをメールでお知らせします。