QA@IT
«回答へ戻る

回答を投稿

プロジェクトで標準的に使うエディタの環境によるけど、
昨年新規開発した時は横80桁くらい、なるべく100桁以内にしました。
(今のプロジェクトは全く縛りが無いです)
ただし、無理におさめる必要は無いので、ソースを修正する際に可読性を損ねるような改行挿入は厳禁。

横1920なデスクトップでも、デフォルト設定のTortoisSVN使って差分確認すると、115桁までしか入らないんですよね。
ソース修正して、インデント追加したりすると、溢れるかもしれないんで、80桁なら余裕だろっと。
Eclipseの時はもっと表示できてた気がする。

ちなみに、継続行の場合は、インデント2つで、演算子の手前で改行が望ましいってルールにしてます。
演算子から始まる文は、すぐ継続行だって気づくのと、
インデント2つ分にしておくと、

if (式1
    && 式2)
  文;

と、頭が揃わないので気づきやすいから。

しかしこれも、エディタにフォーマット機能がある場合はその影響を受けますので、
カスタマイズできて、設定ファイルをチーム内に展開できれば良いけど、
カスタマイズできなかったり、共有が面倒な時は、
フォーマットされた物は無理に直さないってルールにしてます。

プロジェクトで標準的に使うエディタの環境によるけど、
昨年新規開発した時は横80桁くらい、なるべく100桁以内にしました。
(今のプロジェクトは全く縛りが無いです)
ただし、無理におさめる必要は無いので、ソースを修正する際に可読性を損ねるような改行挿入は厳禁。

横1920なデスクトップでも、デフォルト設定のTortoisSVN使って差分確認すると、115桁までしか入らないんですよね。
ソース修正して、インデント追加したりすると、溢れるかもしれないんで、80桁なら余裕だろっと。
Eclipseの時はもっと表示できてた気がする。


ちなみに、継続行の場合は、インデント2つで、演算子の手前で改行が望ましいってルールにしてます。
演算子から始まる文は、すぐ継続行だって気づくのと、
インデント2つ分にしておくと、

```
if (式1
    && 式2)
  文;
```

と、頭が揃わないので気づきやすいから。

しかしこれも、エディタにフォーマット機能がある場合はその影響を受けますので、
カスタマイズできて、設定ファイルをチーム内に展開できれば良いけど、
カスタマイズできなかったり、共有が面倒な時は、
フォーマットされた物は無理に直さないってルールにしてます。