QA@IT
«回答へ戻る

回答を投稿

「運用」の部分で利用者が自分だけなのか、他にも多数の人が使うのかで変わってくると思います。

例えば、不特定多数の人が使用するのであれば、開発と運用を同じコードで行うのは大変危険と思います。なぜなら、開発途中のコードの変更が利用している人に影響を与えるからです。自分一人しか使用しないということであれば、同じコードでも問題は無いと思います。

個人的には Web アプリケーションという、一般的には不特定多数に公開する場合が多いという性質から、development と production の環境を分けて開発を進めることをオススメします。

この辺の基礎知識については Deploying Rails にローカルに vm を立ち上げて、そこに対してアプリケーションをデプロイするという一連の流れが書いてありますので、ご参照ください。

「運用」の部分で利用者が自分だけなのか、他にも多数の人が使うのかで変わってくると思います。

例えば、不特定多数の人が使用するのであれば、開発と運用を同じコードで行うのは大変危険と思います。なぜなら、開発途中のコードの変更が利用している人に影響を与えるからです。自分一人しか使用しないということであれば、同じコードでも問題は無いと思います。

個人的には Web アプリケーションという、一般的には不特定多数に公開する場合が多いという性質から、development と production の環境を分けて開発を進めることをオススメします。

この辺の基礎知識については [Deploying Rails](http://pragprog.com/book/cbdepra/deploying-rails) にローカルに vm を立ち上げて、そこに対してアプリケーションをデプロイするという一連の流れが書いてありますので、ご参照ください。