QA@IT
«質問へ戻る

linuをlinuxに変えました。

376
タグ

sudoがうてなくなった。

前任者が作成した桜VPS上動くlinuxにrvmをインストールしようとしたところ、色々手順を間違ってしまいsudoがうてなくなってしまいました。以下に具体的な内容を書かせていただきます。ユーザ名はlainとします。

環境:
OS:CentOS release 5.8

エラー内容:
$ sudo hogehoge
sudo: must be setuid root

エラー原因(推測):
/usr/bin/sudoの所有者がrootではない

エラー環境構築手順:
sudo chown -R lain /usr/

ls -l /usr/bin/sudo:
-r-s--x--x 2 lain root

エラーに対して取った対策:

$ chown root /usr/bin/sudo
chown: `/usr/bin/sudo' の所有権を変更中: 許可されていない操作です

$ su root
パスワード:
su:パスワードが違います。

所感:
馬鹿な事をしたと思っております。/usr/localを変えればよかったんですが、無知のため/usr/を丸々変えてしまいました。
なぜこんなことをしたかというと、なぜか/usr/localの全ファイルの所有者がrootだったため、それをlainに変えてrvmをインストールする際にsudoをうたなくていいようにしたかったのです。
なんとか/usr/以下の所有者を全てrootに戻し、その後/usr/local以下のみ変更を加えたいのですが、上記の通りなかなかうまくいきません。
また「エラーに対して取った対策:」の②で要求されるパスワードはsudoを実行する際のパスワードとは違うようで、rootでログインするのもままならないという状況です。

何かお気づきの点があればご指摘いただけると幸いです。

前任者が作成した桜VPS上動くlinuxにrvmをインストールしようとしたところ、色々手順を間違ってしまいsudoがうてなくなってしまいました。以下に具体的な内容を書かせていただきます。ユーザ名はlainとします。

環境:
OS:CentOS release 5.8 

エラー内容:
$ sudo hogehoge
sudo: must be setuid root

エラー原因(推測):
/usr/bin/sudoの所有者がrootではない

エラー環境構築手順:
sudo chown -R lain /usr/

ls -l /usr/bin/sudo:
-r-s--x--x 2 lain root

エラーに対して取った対策:
①
$ chown root /usr/bin/sudo
chown: `/usr/bin/sudo' の所有権を変更中: 許可されていない操作です
②
$ su root
パスワード:
su:パスワードが違います。

所感:
馬鹿な事をしたと思っております。/usr/localを変えればよかったんですが、無知のため/usr/を丸々変えてしまいました。
なぜこんなことをしたかというと、なぜか/usr/localの全ファイルの所有者がrootだったため、それをlainに変えてrvmをインストールする際にsudoをうたなくていいようにしたかったのです。
なんとか/usr/以下の所有者を全てrootに戻し、その後/usr/local以下のみ変更を加えたいのですが、上記の通りなかなかうまくいきません。
また「エラーに対して取った対策:」の②で要求されるパスワードはsudoを実行する際のパスワードとは違うようで、rootでログインするのもままならないという状況です。

何かお気づきの点があればご指摘いただけると幸いです。

質問を投稿

sudoがうてなくなった。

前任者が作成した桜VPS上動くlinuxにrvmをインストールしようとしたところ、色々手順を間違ってしまいsudoがうてなくなってしまいました。以下に具体的な内容を書かせていただきます。ユーザ名はlainとします。

環境:
OS:CentOS release 5.8

エラー内容:
$ sudo hogehoge
sudo: must be setuid root

エラー原因(推測):
/usr/bin/sudoの所有者がrootではない

エラー環境構築手順:
sudo chown -R lain /usr/

ls -l /usr/bin/sudo:
-r-s--x--x 2 lain root

エラーに対して取った対策:

$ chown root /usr/bin/sudo
chown: `/usr/bin/sudo' の所有権を変更中: 許可されていない操作です

$ su root
パスワード:
su:パスワードが違います。

所感:
馬鹿な事をしたと思っております。/usr/localを変えればよかったんですが、無知のため/usr/を丸々変えてしまいました。
なぜこんなことをしたかというと、なぜか/usr/localの全ファイルの所有者がrootだったため、それをlainに変えてrvmをインストールする際にsudoをうたなくていいようにしたかったのです。
なんとか/usr/以下の所有者を全てrootに戻し、その後/usr/local以下のみ変更を加えたいのですが、上記の通りなかなかうまくいきません。
また「エラーに対して取った対策:」の②で要求されるパスワードはsudoを実行する際のパスワードとは違うようで、rootでログインするのもままならないという状況です。

何かお気づきの点があればご指摘いただけると幸いです。

前任者が作成した桜VPS上動くlinuxにrvmをインストールしようとしたところ、色々手順を間違ってしまいsudoがうてなくなってしまいました。以下に具体的な内容を書かせていただきます。ユーザ名はlainとします。

環境:
OS:CentOS release 5.8 

エラー内容:
$ sudo hogehoge
sudo: must be setuid root

エラー原因(推測):
/usr/bin/sudoの所有者がrootではない

エラー環境構築手順:
sudo chown -R lain /usr/

ls -l /usr/bin/sudo:
-r-s--x--x 2 lain root

エラーに対して取った対策:
①
$ chown root /usr/bin/sudo
chown: `/usr/bin/sudo' の所有権を変更中: 許可されていない操作です
②
$ su root
パスワード:
su:パスワードが違います。

所感:
馬鹿な事をしたと思っております。/usr/localを変えればよかったんですが、無知のため/usr/を丸々変えてしまいました。
なぜこんなことをしたかというと、なぜか/usr/localの全ファイルの所有者がrootだったため、それをlainに変えてrvmをインストールする際にsudoをうたなくていいようにしたかったのです。
なんとか/usr/以下の所有者を全てrootに戻し、その後/usr/local以下のみ変更を加えたいのですが、上記の通りなかなかうまくいきません。
また「エラーに対して取った対策:」の②で要求されるパスワードはsudoを実行する際のパスワードとは違うようで、rootでログインするのもままならないという状況です。

何かお気づきの点があればご指摘いただけると幸いです。