QA@IT

TitaniumのiPhone Simulatorでbuilder.pyが見つからないというエラー

2626 PV

「Run As」から「iPhone Simulator」を実行しようとすると、以下のエラーが出てしまいます。

/usr/bin/python: can't open file '/Library/Application Support/Titanium/mobilesdk/osx/2.0.1.GA2/iphone/builder.py': [Errno 2] No such file or directory

Xcodeのバージョンは「3.2.5 (1760)」です。

  • XcodeとTitanium Mobileのインストールに失敗しているみたいですね。 Xcodeのバージョンは何ですか?XcodeとTitanium Studioをこの順に再インストールすると改善されますか? -
  • Xcodeのバージョンは「3.2.5 (1760)」です。 -
  • 丁寧にありがとうございます。Xcode 4.3.2はLionにしか対応してないみたいなのですが、OS X(Snow Leopard)の場合はどのようにしたら良いでしょうか? -
  • Xcode 4.2でも大丈夫です。iOSの5.1をサポートしていませんが、5.0は入っています。 -

回答

XcodeとTitanium Mobileのバージョン毎の対応表です。

https://wiki.appcelerator.org/display/guides/Titanium+Compatibility+Matrix#TitaniumCompatibilityMatrix-Xcode

Xcodeが3.2.5だとTitanium Mobile 1.6までしかサポートされません。そんなふるいXcodeがあるということは、ひょっとして付属のDVDからインストールしたのかもしれませんね。こちらからXcode 4.3.2をダウンロードしてインストールすれば解決するはずです。

Xcodeをインストールしたら、Titanium Studio→環境設定→Aptana Studio→Titaniumを開き、「iOS SDK Home」欄がXcode4.3.2を含むパスになっているかどうか確認します。

なっていない場合は「Refresh」ボタンをクリックしてみましょう。うまくいかない場合は、その欄外に書いてあるようにターミナルを起動して

$ sudo xcode-select -switch /Applications/Xcode.app/Contents/Developer

と入力すると(ログインパスワードを聞かれて)設定が完了します。

OSがSnow Leopardの場合はXcode 4.2までしか対応していませんが、それでもiOS SDK 5.0まではサポートされているので、そちらをインストールしても構いません。環境がないので試していませんが、Snow Leopard + Xcode 4.2にiOS SDK 5.1を入れてしまった例もあります(オススメはしません)。

編集 履歴 (1)
ウォッチ

この質問への回答やコメントをメールでお知らせします。