QA@IT
この質問・回答は、@ITの旧掲示板からインポートされたものです。

Windows Update で失敗

表題のとおり、 Windows Update で失敗するようになりました。

最近の構成変更としては、
・ Windows XP SP2 を当てた
・ Windows Update のバージョンをあげた
があります。
エラー コード: 8024402C
がでているようです。

質問者:にしざき

回答

簡単にまとめると、
・以前のWindows Update(と自動更新)はWininetを使用する
・現在のWindows Updateと自動更新はWinhttpを使用する
と、使用しているAPIに違いがある。で、Microsoft的には、自動更新のようなサービスとして動作するインターネットアプリケーションはWininetでは無くWinhttpを使うよう推奨しているので、自分ところでもそうした。
http://support.microsoft.com/kb/238425/ja
で、Wininetのプロキシ構成は「インターネット オプション」のUIで設定可能だけど、Winhttpのプロキシ構成ができるUIが無かった。そのためWinhttpアプリケーションでプロキシエラーが発生する場合があった。
って事ですね。
proxycfg /u
ってのは、現在のユーザーのWininetのプロキシ構成を、Winhttpのプロキシ構成にコピーするという機能です。

投稿者:hebikuzure

編集 履歴 (0)

解決しました。

まず、
http://v5.windowsupdate.microsoft.com/v5consumer/showarticle.aspx?articleid=26&ln=en
に書かれたとおりにやったのですが、うまくいきませんでした。

で色々試してみたのですが、ここには
proxycfg -d
を実行しろと書いてあるのですが、このオプションについて調べてみると、
-d : 直接アクセスを設定します
とのことなので、当方の環境(proxyが必要)ではうまくいきません。
かわりに、
proxycfg -u : 現在のユーザーの Microsoft Internet Explorer 手動設定
(HKCU 内) からプロキシ設定をインポートします
を試してみると、うまくいきました。

投稿者:にしざき

編集 履歴 (0)

私もWindowsupdateでエラーが出ました。(エラーコード: 8024402C)
にしざきさんと同じく、最近の構成変更としては、
・ Windows XP SP2 を当てた
・ Windows Update のバージョンをあげた
があります。

コマンドプロンプトから、「proxycfg -u」を実行してから、再度Windowsupdateを実行したところ上手くいきました。
ありがとうございました。m(_ _)m

投稿者:KENZO

編集 履歴 (0)
ウォッチ

この質問への回答やコメントをメールでお知らせします。