QA@IT
«質問へ戻る

質問を投稿

@FREE^LIVE>コンサドーレ札幌 VS FC東京 生中継 生放送 無料 J1リーグ

Live-> https://tinyurl.com/yx8hyz94

生放送-> https://tinyurl.com/yx8hyz94

Live-> https://tinyurl.com/yx8hyz94

J1リーグ(英: J1 LEAGUE) は、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)における1部リーグのことを指す名称。タイトルパートナー契約(後述)により2015年より「明治安田生命J1リーグ」(英: MEIJI YASUDA J1 LEAGUE) の名称を用いている。
1993年から1998年までは1部のみの「Jリーグ」として最大18チームで開催され、1999年からの2部制導入に伴いJリーグ ディビジョン1(英: J. League Division 1、略称:J1)に移行、2015年に名称が変更された。
なお、ここでは便宜上1部リーグ時代の状況を含めて記すこととする。
Jリーグカップ、天皇杯と並び、日本の国内3大タイトルとされる。毎年早春(1993年シーズンのみ5月)に開幕し、晩秋から初冬の時期までリーグ戦を行う「春秋制」を採用しており、3大タイトルの中ではJリーグカップの後、天皇杯の前にタイトルが決まる。
J1リーグ戦の開催方式は#開催方式を参照のこと。なお、2017年シーズンから1ステージ制を採用している。
上位3チームにAFCチャンピオンズリーグへの出場権が与えられる。
大会名称[編集]
リーグ開始時の1993年から1995年までの間は、Jリーグ協賛スポンサーの最上級カテゴリーに当たる「ステージスポンサー」としてサントリー株式会社と、日本信販株式会社(現・三菱UFJニコス株式会社)が就任。第1ステージ(リーグ前半戦)を「サントリーシリーズ」、第2ステージ(後半戦)を「NICOSシリーズ」と、ステージごとにタイトルスポンサーをつけて開催。年間決勝戦のチャンピオンシップ (CS) もサントリー株式会社の協賛による「サントリーチャンピオンシップ」として開催された。1996年に1シーズン制となりステージスポンサーがなくなり、2シーズン制が復活した1997年以降もステージスポンサーが復活することはなかったが、同年から2004年まで行われたCSでは、引き続きサントリーがタイトル協賛した。
2015年より明治安田生命保険相互会社とJリーグ全体のタイトルスポンサーとしての契約(Jリーグタイトルパートナー契約)を締結し[1]、リーグ戦の名称を「明治安田生命J1リーグ(MEIJI YASUDA J1 LEAGUE)」とすることとなった[2]。2018年12月14日に明治安田生命保険との4年契約を更新している[3]。
通年制(1996年、2005-2014年、2017年-)
1996年はアトランタ五輪やアジアカップなどの日程の都合で2回戦総当りの通年制を採用。チャンピオンシップの替わりにリーグ戦上位とカップ戦上位のチームによるポストシーズンマッチとしてサントリーカップを開催。
2005-2014年は2回戦総当たりの通年制へと移行。この間チャンピオンシップは行われていない。
2017年シーズンから2回戦総当たりの通年制へと再び移行。
2ステージ制(1993-1995年、1997-2004年、2015年-2016年)

Live-> https://tinyurl.com/yx8hyz94

生放送-> https://tinyurl.com/yx8hyz94
	
Live-> https://tinyurl.com/yx8hyz94

J1リーグ(英: J1 LEAGUE) は、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)における1部リーグのことを指す名称。タイトルパートナー契約(後述)により2015年より「明治安田生命J1リーグ」(英: MEIJI YASUDA J1 LEAGUE) の名称を用いている。
1993年から1998年までは1部のみの「Jリーグ」として最大18チームで開催され、1999年からの2部制導入に伴いJリーグ ディビジョン1(英: J. League Division 1、略称:J1)に移行、2015年に名称が変更された。
なお、ここでは便宜上1部リーグ時代の状況を含めて記すこととする。
Jリーグカップ、天皇杯と並び、日本の国内3大タイトルとされる。毎年早春(1993年シーズンのみ5月)に開幕し、晩秋から初冬の時期までリーグ戦を行う「春秋制」を採用しており、3大タイトルの中ではJリーグカップの後、天皇杯の前にタイトルが決まる。
J1リーグ戦の開催方式は#開催方式を参照のこと。なお、2017年シーズンから1ステージ制を採用している。
上位3チームにAFCチャンピオンズリーグへの出場権が与えられる。
大会名称[編集]
リーグ開始時の1993年から1995年までの間は、Jリーグ協賛スポンサーの最上級カテゴリーに当たる「ステージスポンサー」としてサントリー株式会社と、日本信販株式会社(現・三菱UFJニコス株式会社)が就任。第1ステージ(リーグ前半戦)を「サントリーシリーズ」、第2ステージ(後半戦)を「NICOSシリーズ」と、ステージごとにタイトルスポンサーをつけて開催。年間決勝戦のチャンピオンシップ (CS) もサントリー株式会社の協賛による「サントリーチャンピオンシップ」として開催された。1996年に1シーズン制となりステージスポンサーがなくなり、2シーズン制が復活した1997年以降もステージスポンサーが復活することはなかったが、同年から2004年まで行われたCSでは、引き続きサントリーがタイトル協賛した。
2015年より明治安田生命保険相互会社とJリーグ全体のタイトルスポンサーとしての契約(Jリーグタイトルパートナー契約)を締結し[1]、リーグ戦の名称を「明治安田生命J1リーグ(MEIJI YASUDA J1 LEAGUE)」とすることとなった[2]。2018年12月14日に明治安田生命保険との4年契約を更新している[3]。
通年制(1996年、2005-2014年、2017年-)
1996年はアトランタ五輪やアジアカップなどの日程の都合で2回戦総当りの通年制を採用。チャンピオンシップの替わりにリーグ戦上位とカップ戦上位のチームによるポストシーズンマッチとしてサントリーカップを開催。
2005-2014年は2回戦総当たりの通年制へと移行。この間チャンピオンシップは行われていない。
2017年シーズンから2回戦総当たりの通年制へと再び移行。
2ステージ制(1993-1995年、1997-2004年、2015年-2016年)