QA@IT
«回答へ戻る

回答を投稿

違ってたらごめんなさ〜い>ALL

プログラムの起動時間を短縮するために、共有ライブラリ内のルーチンは参照時までバインドされません(データ項目は、常にプログラムの起動時にバインドされます)。このように、共有ライブラリ・ルーチンの遅延バインディングによって、プログラムの実行時間にまたがってバインディングのオーバーヘッドが分散され、実行頻度の低い多数の参照が含まれるプログラムの場合は特に有効です。実際には、遅延バインディングはデマンド・ロードと同じことです。

で良いのかな?(HPのサイトに一番わかりやすそうな文章で載っていたので)

投稿者:NAO

違ってたらごめんなさ〜い>ALL

プログラムの起動時間を短縮するために、共有ライブラリ内のルーチンは参照時までバインドされません(データ項目は、常にプログラムの起動時にバインドされます)。このように、共有ライブラリ・ルーチンの遅延バインディングによって、プログラムの実行時間にまたがってバインディングのオーバーヘッドが分散され、実行頻度の低い多数の参照が含まれるプログラムの場合は特に有効です。実際には、遅延バインディングはデマンド・ロードと同じことです。

で良いのかな?(HPのサイトに一番わかりやすそうな文章で載っていたので)


投稿者:NAO