QA@IT

!!@@>>FC東京 vs セレッソ大阪 ライブ

91 PV

Live>>> https://tinyurl.com/y2basayr

今夏にG大阪からFC東京に期限付き移籍加入した、DFオ ジェソク(写真はG大阪時代)が、3日のC大阪戦でDF小川諒也が大事を取って出場を回避するため、移籍後初出場する可能性が高まった。恩師の誘いを受けて青赤に袖を通した、オ ジェソクは、7月28日の松本との練習試合で実戦ューを飾り、90分間フル出場。3-2の勝利に貢献した。
その試合後、オ ジェソクは「久しぶりに90分試合に出たが、東京の一員に早くなりたいと思っていたので良かった」と充実感をにじませ、こう続けた。
「この夏場で力になりたい。リーグ優勝にも大事になる試合が続くので、どこかでチャンスはあると思う。ここからさらにコンディションも良くなっていくと思うので」
デビューが近づく中で、「まだ先発するかどうかはわからない」と前置きした上で、「いつでも準備はできている。出場すれば移籍後初の試合。みんなで一緒に戦って勝ちたい」と口にする。また、ベンチに座った前節清水戦では、プレーするチームメートの姿を見て自然と「強い」と口から出たという。
「健太さんの戦い方は、基本は変わらないけど、G大阪時代と少しスタイルに違いはあるが、永井(謙佑)と(ディエゴ)オリヴェイラが前線から必死にプレスを仕掛けて、チーム全体でボールを奪いにいっている。あのプレーは後ろの選手としては感動する」
G大阪時代の違いをそう語ったが、長谷川健太監督とは長年共闘してきたため、戦術理解も早く、すでにチームに溶け込んでいる。
青赤に袖を通すオ ジェソクは、「みんなから感じられる勝利へのモチベーションがすごくて、気持ち的な部分でも学ぶことができた。試合ではみんなと同じくらいの熱を出したい」と言い、味スタのピッチに立つ。

ウォッチ

この質問への回答やコメントをメールでお知らせします。