QA@IT

Androidアプリ開発におけるネイティブの意味について

614 PV

ネイティブな環境といえばAndroid Studioだと思いますが、ネイティブなコードと言えばC/C++のことなのでしょうか。
公式には

Many apps are written entirely in non-native code (e.g. the Java programming language or Kotlin) 

との記載があるのでJavaやKotlinはネイティブコードではないはずです。
こちらには

The Android NDK is a toolset that lets you implement parts of your app in native code, using languages such as C and C++.

との記載があります。

また、ネイティブなコード=ネイティブな言語、で合っていますでしょうか。

回答

ネイティブなコードというのは、CPUが直接実行する機械語の事です。

Java等の言語は、コンパイル結果が、JavaVMという仮想的なCPUの理解するコードになっています。
CPUがJavaVMという機械語プログラムを実行して、そのJavaVMがJava等からコンパイルされたコードを実行するという二段階になっています。

「ネイティブな言語」という表現は一般的ではありませんが、
強いて言えば、ネイティブなコードを生成可能な言語でしょうか。

編集 履歴 (0)
ウォッチ

この質問への回答やコメントをメールでお知らせします。