QA@IT
«回答へ戻る

回答を投稿

ネイティブなコードというのは、CPUが直接実行する機械語の事です。

Java等の言語は、コンパイル結果が、JavaVMという仮想的なCPUの理解するコードになっています。
CPUがJavaVMという機械語プログラムを実行して、そのJavaVMがJava等からコンパイルされたコードを実行するという二段階になっています。

「ネイティブな言語」という表現は一般的ではありませんが、
強いて言えば、ネイティブなコードを生成可能な言語でしょうか。

ネイティブなコードというのは、CPUが直接実行する機械語の事です。

Java等の言語は、コンパイル結果が、JavaVMという仮想的なCPUの理解するコードになっています。
CPUがJavaVMという機械語プログラムを実行して、そのJavaVMがJava等からコンパイルされたコードを実行するという二段階になっています。

「ネイティブな言語」という表現は一般的ではありませんが、
強いて言えば、ネイティブなコードを生成可能な言語でしょうか。