QA@IT

ClickOnce アプリケーションの是非

7609 PV

現在、複数の顧客に対してClickOnceアプリケーションで業務アプリを提供している技術屋です。

最近、いくつかの案件で、既存アプリのHTML化の検討を示唆されました。
理由は様々ですが、最近の周辺システムがWindowsFoamアプリよりもHTMLで実装されたものが多いために、それに合わせた基幹システムが構築されているのが大方の理由です。

自分は業務システムのようなユーザーの操作を厳密にコントロールする必要がある場合、WindowsFoamアプリの方が実装しやすく工数も掛かりにくいと考えています。仮にHTMLで実装する場合には、JavaScriptのお化けが出来上がってしまうと考えています。(頭の中が古いのかな??)

そこで皆さんにお聞きしたいのですが、外部公開しない業務アプリを作成するとした場合、ClickOnce(WindowsFoam)とHTMLのどちらが良いと考えますでしょうか?その理由も合わせてお聞きできれば幸いです。

あくまで個人の意見としてで結構ですので、様々なご意見をお聞きできれば嬉しいです。

回答

返信ありがとうございます。

おっしゃる通り、何が最適かの判断材料を適切に明示できるようにして、顧客の要望を聞き出すのが一番良い方法だと、私も思いました。

また、どちらの場合でも良いコードが提供できるような技術も持ち合わせないといけないなと思います。

たしかに業務システムといっても多種多様なので、答えは一つではないかと思いますが、とても参考になるご意見でした。ありがとうございます!

編集 履歴 (0)

業務システムと言っても、いろいろな種類があると思います。

入力が複雑なもので、なおかつその入力を定常的に業務とするような部署がある場合、Webのインターフェースではすぐ限界が来ると思いますが、全社員が必要に応じてそれぞれ一部の機能を利用するようなものであれば、配布やメンテナンスのコストを考えるとWebでもよいのではと思います。

おそらく質問者さんは前者のようなシステムを言われているのだと思いますが、それでも会社のサポート体制、利用者の熟練度、端末機種の多様化等の兼ね合いから、インストールする形式より、Webで、と言われることはよくあると思います。これも利用する側の意見ですので、受け入れないわけにはいかないように思えます。

私ももともとネイティブアプリの開発がメインの職場でしたので、質問者さんの気持ちもわからないことはないですが、最近の環境だと、ブラウザの処理速度が人間のそれと対等以上になってきていて、それほどストレスなく使える場面が多いです。また、端末の多様化にも割と対応しやすい面があります。

Javascriptのお化け、確かにそういう面もあるかもしれませんが、こればっかりはコードを書く人間の技量でWindowsアプリでもお化けのようなクラスを作ってしまう場合もありますので、一概には言えないと思います。また、Visual Studioのような便利なIDEが親切に管理してくれる環境とは違って、Web開発の環境では直感的にソースの構造を把握しにくい面も否定はしませんが、それも慣れてしまえばそれほど気にならないと思います。

自分が提案するとすれば、要件をよく吟味し、今回の案件でのネイティブアプリとWebの利点・欠点をまとめた資料を作って、こちらのおすすめはこうです、という形で提案するとは思います。
それでも、利用者がどうしてもというのであれば、おすすめではない方で開発するのもやむなし、と考えています。

結局どっちが良いという結論はうまく出せませんでしたが、私見としてご参考にしていただければと思います。

編集 履歴 (0)
ウォッチ

この質問への回答やコメントをメールでお知らせします。