QA@IT

質問者がどういう背景か分かりませんが、とりあえず、質問部分を修正してみました。ソースに関しては正確ではないようなので再度正しいものを記載された方がいいです。

0
本文
-このjavaのもんだいをおしえてください。
-みにくいかもしれませんがよろしくおねがいします。とい
-に.
-つぎのリスト構造にかんするぷろぐらむでつかわれるめそっどを
-メソッドを JAVA げんごでさくせいせよ
-問 2. 次のリスト構造に関するプログラムでつかわれるメソッドを JAVA げんごでさくせいせよ. このプログラムは,かくノードが char型のもじを持つリスト構造(線形リスト)に関するそうさをおこなっ ている.
-問 2-1 メソッド chkCdn をさくせいせよ. 問 2-2 メソッド srchE をさくせいせよ. メソッド srchS は作 成済みとする. メソッド chkCdn は, 第 1 引数で与えられたもじ列中に第 2 引数で指定された3 もじからなるもじ列が何回とうじょうするかを数える. メソッド srchS は,第1引数に与えられたリス ト構造のノードにおいて, れんぞくする 3 つのノードが持つもじの並びが, 第 2 引数で与えられた3文 字からなるもじ列の並びと一致する最初の位置を返り値で返す. 見付からなければ null を返 す. 以下、ここではゼロも 3 の倍数とする. メソッド srchE は, 第 1 引数に与えられたリスト構 造において, リストの先頭のノードをゼロ番目として数えると 3 の倍数の番目になるノードを起 点とするれんぞくする 3 つのノードが持つもじの並びをリストの先頭から順に調べる. もじ列の並び が, 第 2 引数で与えられた 3 もじからなる 3 種類のもじ列のいずれかに一致する場合は起点の ノードの位置を返り値で返す. 見付からなければ null を返す. ただし, さくせいするメソッドはメイ ンメソッド内に示された入力としてのもじ列 mrna の内容が変わっても, 正しく動作するように さくせいすること. このプログラムを実行した際の画面出力結果は次のようになる。
+このjavaの問題を教えて下さい。
+見にくいかもしれませんがよろしくお願いします。
+
+問 2. 次のリスト構造に関するプログラムで使われるメソッドをJava言語で作成せよ。このプログラムは各ノードがchar型の文字をもつリスト構造(線形リスト)に関する操作を行っている。
+問 2-1 メソッドchkCdnを作成せよ。
+問 2-2 メソッドsrchEを作成せよ。メソッドsrchSは作成済みとする。
+・メソッドchkCdnは、第1引数で与えられた文字列中にに第2引数で指定された3文字からなる文字列が何回登場するかを数える。
+・メソッドsrchSは、第1引数に与えられたリスト構造のノードにおいて、連続する3つのノードが持つ文字の並びが、第2引数で与えられた3文字からなる文字列の並びと一致する最初の位置を返り値で返す。見つからなければnullを返す。
+・以下、ここではゼロも3の倍数とする。
+・メソッドsrchEは、第1引数に与えられたリスト構造において、リストの先頭のノードをゼロ番目として数えると3の倍数の番目になるノードを起点とする連続する3つのノードが持つ文字の並びをリストの先頭から順に調べる。
+ 文字列の並びが、第2引数で与えられた3文字からなる3種類の文字列いずれかに一致する場合は起点のノードの位置を返り値で返す。見つからなければnullを返す。
+ ただし、作成するメソッドはメインメソッド内にに示された入力としての文字列mrnaの内容が変わっても、正しく動作するように作成すること。このプログラムを実行した際の画面出力結果は次のようになる。
+
 画面表示:
-3 GCAUGCAUGCGCAUGUGUAAGCAU AUGCAUGCGCAUGUGUAA
+ 3 GCAUGCAUGCGCAUGUGUAAGCAU AUGCAUGCGCAUGUGUAA
+
 import java.io.*;
 class Seq {
 char nc;
 sq2end=sq2stop.next.next.next; for(pt=sq2;pt!=sq2end;pt=pt.next){
 System.out.print(pt.nc); System.out.println();
 }
-