QA@IT

Oracle11gのデータベースへの接続時のタイムアウト

3986 PV

Oracle11gのデータベースへの接続時のタイムアウト

データベースへの接続時にエラー12170、12535、12560が発生する場合があり、対策を調査しております。

システムの構成としては
Windows7のPCにインストールしているソフトよりOracle11gのデータベース2種類(サーバ本体が別々)に接続します。

現在、システムの特定の処理を行うと上記のタイムアウトエラーが発生します。
その特定の処理では複数の更新処理が連続し、途中で接続するデータベースを変更して
さらに更新処理を行います。
その中の別のデータベースに接続するときにエラーが発生する場合があります。

別のデータベースに対し接続する処理は単体でも実行可能なのですが
同じPCからそれを実行してもタイムアウトエラーが発生することはありません。

また、現状エラーが発生している処理を別のPCから実行しても同じようにエラーが発生します。

単体では実行できる。エラーが発生する場合としない場合があるということで、
処理が集中するなどし動作が重くなり、接続に時間がかかる場合にタイムアウトとなっているのかと思います。

そこでデータベースの設定を変更し、タイムアウトまでの時間を長くしたいと考えております。

こういった場合データベースのどの設定を変更すればよいのでしょうか。

ウォッチ

この質問への回答やコメントをメールでお知らせします。