QA@IT

拡張mib追加後のsnmpwalkコマンドについて

15724 PV

こんにちは。
Linux(CentOS 6.8)に拡張mibファイルをインポートし、snmpwalkコマンドで情報をまとめて表示させようとしています。
しかし、実際にコマンドを実行したところ下記のような結果が出力され、情報が得られない状態です。

# snmpwalk -v 2c -c public localhost 1.3.6.1.4.1.9
CISCO-SMI::cisco = No Such Object available on this agent at this OID

なお、snmptranslateコマンドではOIDと名前の変換、tree表示は可能です。

#snmptranslate 1.3.6.1.4.1.9.11.2.2
CISCO-SMI::cisco2505RptrGroup

他のmibファイルでも同様の結果となるため、設定が漏れているあるいは間違っていると思うのですが
ご存知の方いらっしゃいましたらご教授ください。
また、iptables、SELinuxは無効にしています。

〇やったこと

  1. mibファイルを/usr/share/snmp/mibs直下へ格納
  2. snmpd.confファイルを修正
  3. snmp.confファイルを修正
  4. snmpデーモンを起動

〇設定ファイル
 ・/etc/snmp/snmpd.conf

# sec.name source community
com2sec notConfigUser default public

(省略)

# groupName securityModel securityName
group notConfigGroup v1 notConfigUser
group notConfigGroup v2c notConfigUser

(省略)

# Make at least snmpwalk -v 1 localhost -c public system fast again.
# name incl/excl subtree mask(optional)
#view systemview included .1.3.6.1.2.1.1
#view systemview included .1.3.6.1.2.1.25.1.1
view all included .1 80

(省略)

# group context sec.model sec.level prefix read write notif
access notConfigGroup "" any noauth exact all none none 

 ・/etc/snmp/snmp.conf

MIBS all

よろしくお願いいたします。

回答

質問文のこの箇所ですが、localhostのSNMPエージェントにリクエストを投げているので、「このエージェント上にはそのOIDに該当するオブジェクトはない」というエラーになっています。

# snmpwalk -v 2c -c public localhost 1.3.6.1.4.1.9
CISCO-SMI::cisco = No Such Object available on this agent at this OID

ターゲットとしてlocalhostの替わりにCiscoデバイスのIPアドレスを指定すればいいのでは?

編集 履歴 (0)
  • (1/2)
    こんばんは。
    遅くなりましてすみません。ご回答ありがとうございました。

    blunder3様の回答を見て自分が大きな勘違いをしていたことに気がつきました。
    そもそもオブジェクトを持っていないエージェントに対してリクエストを飛ばせるはずがないですね。
    -
  • (2/2)
    snmptranslateで変換が出来ていたので、snmpwalkもいけるはず!と思い込んでいたのですが、これはあくまで"mibを参照して変換する"コマンドですね…とても恥ずかしいです。
    blunder3様のおっしゃる通り、ターゲットをlocalhostではなく対象機器のIPアドレスにしたところ上手くいきました。
    このような初歩的な質問に回答して頂き、大変ありがとうございました。
    -
ウォッチ

この質問への回答やコメントをメールでお知らせします。