QA@IT
«回答へ戻る

LBを追加

10
+ロードバランサ側は
+ iptablesを見直し
+
 リアルサーバ側に以下の設定を入れて、おまじないをする。
  1.ループバックのNICを追加
  2.ループバックのアドレスをロードバランサの仮想IPへ

ロードバランサ側は
 iptablesを見直し

リアルサーバ側に以下の設定を入れて、おまじないをする。
 1.ループバックのNICを追加
 2.ループバックのアドレスをロードバランサの仮想IPへ
Windowsであれば、以下のおまじない。
netsh interface ipv4 set interface "ローカル エリア接続" weakhostreceive=enabled
OK
netsh interface ipv4 set interface "ループバック" weakhostreceive=enabled
OK
netsh interface ipv4 set interface "ループバック" weakhostsend=enabled
OK

ロードバランサ側は
 iptablesを見直し

リアルサーバ側に以下の設定を入れて、おまじないをする。
 1.ループバックのNICを追加
 2.ループバックのアドレスをロードバランサの仮想IPへ
Windowsであれば、以下のおまじない。
netsh interface ipv4 set interface "ローカル エリア接続" weakhostreceive=enabled
OK
netsh interface ipv4 set interface "ループバック" weakhostreceive=enabled
OK
netsh interface ipv4 set interface "ループバック" weakhostsend=enabled
OK

回答を投稿

リアルサーバ側に以下の設定を入れて、おまじないをする。
 1.ループバックのNICを追加
 2.ループバックのアドレスをロードバランサの仮想IPへ
Windowsであれば、以下のおまじない。
netsh interface ipv4 set interface "ローカル エリア接続" weakhostreceive=enabled
OK
netsh interface ipv4 set interface "ループバック" weakhostreceive=enabled
OK
netsh interface ipv4 set interface "ループバック" weakhostsend=enabled
OK

リアルサーバ側に以下の設定を入れて、おまじないをする。
 1.ループバックのNICを追加
 2.ループバックのアドレスをロードバランサの仮想IPへ
Windowsであれば、以下のおまじない。
netsh interface ipv4 set interface "ローカル エリア接続" weakhostreceive=enabled
OK
netsh interface ipv4 set interface "ループバック" weakhostreceive=enabled
OK
netsh interface ipv4 set interface "ループバック" weakhostsend=enabled
OK