QA@IT

Java言語の開発効率について

62776 PV

システム設計初心者です。

Java言語でシステムを開発する際のメリットは何かを調べています。
その中で、メリットを謳っているサイトに、
「Java言語は開発効率と保守性が高い」と記載されていました。

この開発効率とは何に該当するのでしょうか。
Javaは習熟コストが高いうえに、個別にクラス分けをして開発をする言語だという印象があるので、
むしろ開発効率は低いのではないかと感じました。

Java言語の開発効率について、ご教示頂けたら助かります。

回答

kampiroさん、こんにちは。
何も基準がない状態で、高い、低い、を論じる事は出来ないと、私は思っています。なぜなら、基準がない場合、それはその人の感じ方次第になるからです。
開発効率とは、時間に対する開発の進み具合と考えられます。
シンプルに、言語のみに限定して思考すると、アセンブラ言語で開発するよりJavaで開発する方が開発効率は良い場合が多い、と言えそうです。
「Java言語は開発効率と保守性が高い」という文言は私はそれだけでは判断できません。
Javaが発明される以前の言語に比べて開発効率が高い、という表現なら理解できます。
ただ、実社会において、開発効率は言語を習得しただけでは確定できません。

編集 履歴 (0)

システム設計の観点から言語を選択する際に、実際のシステムの要求や予算、などから決めないといけません。
Javaの場合は開発環境やサーバーOS、などの調達はほとんど無償で入手できます。
開発で使用される書く製品のサポートはバラバラになっています。

DotNet(C#、VB.net)などで開発する場合、開発環境などの調達のにコストがかかります。
MSDNは開発のに必要な物は揃っている。製品の統一性はあります。

何を選択するかは要求次第だと思います。

編集 履歴 (0)
ウォッチ

この質問への回答やコメントをメールでお知らせします。